粗大ゴミに出すなら「ジモティー」で売る・譲る!処分料がかからない。

先日のメルカリの記事で、送料がわからないものや1000円以上しそうなものは売らない。と書きました。

ではそんな時はどうするか。
「ジモティー」を使って処分します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

「ジモティー」とは?メリットは?

ジモティーとは、地域の情報掲示板です。
モノの売買(無料もOK)やアルバイト情報、スクール情報、イベント情報など、その地方の様々な情報をやり取りできます。
「地元の掲示板、ジモティー」のキャッチフレーズでCMもやっていますよね。
「売ります・あげます」のカテゴリでは、無料で譲ります、の品も多く出品されています。

メルカリと比較したジモティーの特徴

私がモノの処分で使っているサイトであるメルカリとジモティー。それぞれ特徴はこのようになります。(「売ります・あげます」のカテゴリ以外は使っていません)

*メルカリ*
・送料がかかる
・購入から取引完了までのフローがしっかりしている
・評価制度が必須
・手数料10%ががかる

*ジモティー*
・基本、直接の受け渡し(ほとんどが買取者が取りに来る)ため、送料がかからない。その分、安く出品されるものも多い
・取引が当事者同士のメールやり取り(ジモティーアプリ内での)のため、購入するの?取引終了したの?と曖昧な部分がある。(メルカリと違って、取引終了ボタンや購入ボタンがない)

例:「A:これお譲りください!」→「B:はい了解です。いつが都合がいいですか?」→「A:明日取りに行きます」→「B:了解です。12時にお願いします」→引渡し→終わり(取引終了ボタンなどなし)

・評価ボタンはあるが、必須ではない
・手数料がかからない(当事者同士の直接メールやり取りのため)

メルカリは確立したフローに則って、メルカリを仲介して取引するイメージで、ジモティーは当事者同士が自由にやり取りするイメージですね。

ジモティーを使う理由

私がジモティーを使う理由は、まず上記の通り、直接の引き渡しになるため、送料がかからない、ということです。

これまで2度ジモティーを利用しました。
収納3段ラックとダイニングチェアです。
3段ラックは無料で、椅子は500円でお譲りしました。

メルカリだと送料も梱包の仕方もさっぱりわからなかったものたちです。
なので当初粗大ゴミとして処分しようとしていました。ですが椅子はわかりませんが、3段ラックだと処分料500円がかかります。
その時テレビCMでたまたま見つけたのがジモティーでした。

ラックは無料でお譲りしましたが、元々は処分に500円かかっていたと思うと、効率的に処分できたと思います。
なので、こちらとしても無料で処分できるというメリットがあったので、どちらも格安でお譲りしました。

気になるなら引渡しは自宅以外で。

3段ラックは無料で出品して5分後には問い合わせメール(引き取り希望)が入りました。
ダイニングチェアは500円で出品して4日後にメールが入りました。

どちらも同じ市内の方からでした。

では引渡しはどうしよう。
どちらの方もメールではとても丁寧な方でしたが、どうしても自宅に引き取りに来られるのは抵抗がありました。

そこで受け渡しは駅前やスーパー、コンビニ前にしました。

自宅に来られるのに抵抗がある方は、自宅以外の場所を待ち合わせに指定するのが良いと思います。

まとめ

私はメルカリは基本的に「売りたいもの」を売る、ジモティーは「処分したいもの」を手数料かけることなく処分する、という意味合いで使っています。
引っ越しの際など、ジモティーを使ってみるといい節約、断捨離にもなるかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする