チョコなしだって赤ちゃんと一緒にバレンタインデーを楽しみたい!

2月14日はバレンタインデー。我が家には主人と1歳の息子の2人の男がいます。
例年は百貨店でやっているバレンタイン特集でオシャレなチョコレートを買っていましたが、今年は息子にだって何か食べさせてやりたい!ということで手作りしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まだ赤ちゃん。息子にはチョコの代わりに純ココアでココアプリン

息子は1歳になったばかり。チョコレートなんてまだまだ早い!ですが、バレンタイン気分は味わわせてあげたい。
そこで、純ココアを使ってココアプリンにしました。
レシピはクックパッドを一部参考にしました。
混ぜて鍋で蒸して冷やすだけの簡単レシピです。
トッピングは缶詰みかん。(パセリは飾り)

できあがりがこちら。

ちょっとムラはありますが、チョコ感バッチリ出てますよね!

大人には同じく純ココアを使ってガトーショコラ

レシピはまたまたクックパッド先生より。
正直面倒くさがりでおかし作りなんてほとんどしない私にとって、オーブン温度の使い分けなんてのは少々レベルが高かったですが…年に数回しかお菓子なんて作らないんだから、今回は丁寧にレシピ通りに進めました。

できあがりがこちら。

ガトーショコラは少し形は崩れたものの、感動的に美味しいです。特に、最初に高温で周りを焼いて、その後温度を下げてジワジワと焼き上げたおかげか、外はサクッと、中はしっとりです。冷蔵庫で冷やすとより良いです。

息子の反応はいまひとつ。甘さなしがアダとなる!?

ココアプリンは見た目はいい感じですが、1口私も食べてみるとあれれ。甘くない…。風味はいい感じですが。
もちろんですよね。「純ココア」ですもの。砂糖なし。赤ちゃん用なのでまあこんなものだろう、ということで納得し、息子に食べさせてみました。
最初こそこの黒い食べ物はなんだろう、という感じで興味を持って食べ始めましたが、味が薄かったのか、半分くらいで飽きてしまったようです。

個人的には、今回は「バレンタインデー」という特別な日、ということでココアパウダー100%の純ココアではなく、砂糖も入っているミルクココアにして、少し甘くて美味しい、を楽しんでもらってもよかったかな?と思いました。

まあ、いろいろな味にチャレンジしてみることは良いことだと思ってよしとしました。

ココアのカフェインはごく微量。あまり神経質にならなくて良さそう

参考情報ですが、赤ちゃんへのココアについて。
MORINAGAのHPには、「赤ちゃんへのココアは、9ヶ月を過ぎて、「フォローアップミルク」を飲むようになったら風味をつけるために純ココアをミルクに混ぜても構いません。1回量あたり耳かき1杯程度から始めてみてください。1歳を過ぎて離乳も進んでいる赤ちゃんでしたら、飲み物としてココアを与えても構いません。」とあります。

バンホーテンでおなじみのKATAOKAには、「カフェインは微量しか含まれていませんので、刺激はそれほどないかと思いますが、夜中に飲ませたり、たくさん飲ませるのは控えた方がいいと思います。」とあります。他のメーカーのHPでも似たようなことが書いてあります。

ココアに確かにカフェインは含まれますが、ごく微量なため、大量に飲ませない限りさほど神経質になる必要はなさそうですね。

ちなみに、純ココアは食物繊維やポリフェノールが含まれているため、女性の美容にも良いですよ。

以上、今回の1歳児イベントご飯は「バレンタイン」でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする