【津田山】「子ども夢パーク」で泥んこになって思いっきり遊ぶ!

先日、川崎市の「子ども夢パーク」というところに行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

子ども夢パークとは?

子ども夢パークは、「自由に遊ぶ」「ありのままに遊ぶ」「やりたいことにチャレンジできる」として、子供たちの自主性を重んじてできるだけ禁止事項を作らないように、と作られた施設です。

*HP*
http://www.yumepark.net

*場所*
〒213-0033 神奈川県川崎市高津区下作延 5丁目 30番地 1号
JR南武線の津田山駅より徒歩5分。
駐車場はありません。

*営業時間*
午前9時から午後9時まで

*利用料金*
無料

駐車場はありませんが、駅から徒歩5分程度なので、子供でも難なく歩ける距離です。
施設に自販機やレストラン等はありませんので、駅前にあるマックスバリュで色々揃えていくことをお勧めします。

無料だけど施設自体は古い

到着して最初の感想は、失礼ながら「古い」でした(笑

三輪車や自転車の自由貸し出しもありますが、壊れているものも多く。

バスケットコートや遊具、屋根付きのテーブル・椅子はあります。

ロッカーの貸し出しもあります。

「古い施設だけど、広場で自由に遊んでね!」といった感じでした。

まず、私たちはそれぞれ持参した水風船や水鉄砲、シャボン玉で遊びました。
あとは貸し出し自転車で自転車道を何度も往復したり。

好きな遊びを見つけ、好きなように遊べます。

しばらくしてから持参したお弁当でランチタイムです。

泥んこになって思いっきり遊ぶ!

最近の公園ではなかなか見ないような、この泥だらけになって遊ぶ感。
まさに「泥んこ遊びの極み」です。
泥の滑り台もあり、滑り降りると泥沼が待っています。

泥んこの山もあります。

大人になった今となっては洗濯や帰り道のことを考えるとかなり避けたい遊びではありますが、子供にとってこんなにも思いっきり泥だらけになって遊べるのって最高ですよね。
息子は、次の日になっても「ドロドロ、あそんだね!」と言っていました。

ちゃんと体を洗うスペースもあるのでご安心を。

終わりに

小さな子には、室内の冷房の効いた遊び部屋もあるので、乳児だったらこちらがいいでしょうね。
また、この夢パークに来るのであれば泥んこになるのは必至だと思うので、子供の着替えはマストです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする