トランポランドTokyoでアクティブアラサー女子会!

以前より友人が行きたい行きたいと言っていたトランポリンができる「トランポランド」
ようやく行ってきました。
アラサー女子3人で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

トランポランドとは?

【HP】
http://www.trampoland.com/index.html

トランポリンとトランポリンの壁で囲まれた施設「トランポランド」。
東京と埼玉に1箇所ずつあります。
東京は板橋に、埼玉は新座市にあります。
東京の方は駅から歩きでいけますが、埼玉はもっぱら車で行く方がいい距離です。
一方で、埼玉は東京の7倍の広さとのことです。

今回は東京の方に行くことにしました。
私は板橋駅から歩いて10分ほどで行きましたが、友人2人は板橋区役所前駅から歩いて5分ほどできました。

当日の流れはこんな感じに。

事前予約はできなかったので、当日11時に向かいました。
すると、「混雑のため小学生以降は14時から」との記載が。。。

そこで、受付で事前支払いと予約受付を済ませ、14時までランチをして過ごしました。
初めての場合は、専用のソックスがもらえます。
実際には、着替えや準備の時間もあったため、13:30頃には戻って来ました。
着替えといっても、動きやすい服装ならなんでもよかったため、私たちはズボンはそのままで、上だけ汗をかくとあれなのでTシャツやパーカーに着替えました。

ちなみに、待合スペースには市販でよくみるトランポリンがありました。

14時になると、それまでの人たちと入れ替わりで入ります。
14時組が全員揃うと、事前に2、3分ほど説明があります。

通常のトランポリンが5つと、滑り台のような傾斜と助走トランポリンがついたものが1つです。

1つのトランポリンに1人です。
なので、友達と一緒に1つのトランポリンに乗るのはNG。

2分ごとに他の人と入れ替わります。
空いているトランポリンに適当に行けばOKです。
また、グループで来ている場合、2分にこだわらなくても適当にグループ内で入れ替わればOKです。

トランポリンの床!トランポリンの壁!

いざ。

結構沈んで結構跳ねます。
最初は「うわっ!!」となりますが、すぐに慣れました。
普通に跳ぶだけではすぐ飽きますが、スクリーンで基本の跳び方からアレンジの跳び方、応用のやり方が流れているので、みんな色々と試していました。

また、トレーナー?監視員?の人が常時いるので、アドバイスをくれたりします。

助走トランポリンのところは、跳ねながら4回ぐらいで進んで、振り返ってお尻のところで傾斜のところを跳ねるのが基本だそう。

壁もトランポリンのところがあるので、壁をトランポリンの跳躍に任せて跳ぶやり方もあります。

アラサー女子3人組は1時間コースで充分だった。

初回は登録料540円がかかります。
それプラス、1時間1,620円です。
ちなみに90分だとプラス2,100円です。

とりあえずの1時間コースにしましたが、開始15分ですでに疲れた私たちにとっては1時間コースで充分でした。

ちなみに、休日の昼間ということで周りは7割ぐらいがキッズでした。
平日だと仕事終わりに跳びに来る社会人も結構いるのかもしれません。

注意点は?

万一の怪我もあるので、登録時に本人以外の連絡先や関係性も記入する必要があります。
また、初心者の場合は宙返りなどは禁止のようです。

休日の場合、早めに来ることを強くお勧めします。
1度に入れる人数が限られています。
私たちが終わって15時に出た時、すでに予約可能なのは19時以降の便しかありませんでした。

まとめ

もちろん全身筋肉痛になりました。
東京の方は狭いですが、埼玉はもっと広いので、トランポリンの種類も多いのかもしれません。

これを機に身体を動かすことに目覚めた私たち。
次は何をしようか計画中です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする