【埼玉・戸田】戸田橋花火大会2018!駅近芝生の上で楽々子連れ観覧。

息子が花火大会にちゃんと行ったのは2年ぶり。
昨年は台風で中止になってしまい、一昨年行ったのはまだ赤ちゃんだった時なので、ほぼ覚えていないでしょう。
なので、今回が初の大きな花火とも言えます。

行ってきたのは埼玉県戸田で行われた「戸田橋花火大会2018」
2018/8/4(土)の19:00~20:30開催です。
戸田橋花火大会最大の特徴は、荒川を挟んで対岸の「いたばし花火大会」との同時開催ということ。
両岸合計約12,000発の花火を一度に楽しむことができます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

車で行く際の渋滞はどう?

まず考えたのが電車or車。

電車だとdoor to doorで2時間はかかりそうだし、大きな花火大会なので電車も混みそうで、、、しかもイヤイヤ真っ盛りの息子のご機嫌を1度損ねたら面倒です。

よって車で行くことにしました。

となると気になってくるのが「渋滞」「駐車場」
当日は大混雑により会場周辺は交通規制がかかるそうで。

先に結論から言うと、(首都高速にて)行きは通常の時間+30分で到着しました。
到着したのは、開始の19時の15分前です。

帰りは、花火大会が終わってから直後は帰宅ラッシュに巻き込まれそうだったので、近くのイオンモールで1時間半ほど夕ご飯を食べたりして時間を潰して、ラッシュとはずらして帰りました。
おかげで帰りは全く渋滞はありませんでした。

電車移動も挟むと駐車場も楽々見つかる!

最寄りは「戸田公園駅」です。
この近辺で駐車場を探そうとするとかなり大変そうです。

なので、2駅ほどずらした北戸田駅周辺のコインパーキングを利用しました。
開始時間直前に駅周辺に到着しました。
北戸田駅でも駅の目の前のパーキングはさすがに満車でしたが、駅から5分少し歩くところのパーキングになってくると余裕で楽々駐車することができました。
ちなみに、駐車料金は600円程度でした。

駅まで5分程度であれば、息子も難なく歩いてくれたので良かったです。

それから2駅電車に乗って北戸田駅→戸田公園駅に行きましたが、電車も(すでに花火大会が始まっているからかもしれませんが)とても空いていました。

会場の河川敷まで行かなくて良かったと思う理由

花火大会の会場は戸田公園駅から徒歩20分程度(混雑していればその倍ぐらいの時間かかるとのこと)の河川敷。

そんな時間、息子がおとなしく歩いてくれるわけがありません。

どうしようと思っていましたが、戸田公園駅を出たすぐのところに芝生が広がっていて、そこにレジャーシートを広げて見ている人が結構いました。
「ここでいいじゃん!」と言うことで、我が家は早々にここに座り込みました。
郵便局の目の前です。

会場から20分ほど離れているところなので、花火の眺めはどうかな、と言うところですが、
まず、低いところに打ち上がる花火はほぼ見えません。
あー、なんか打ち上がっているんだろうなーーー、と花火の光が見える程度。
こんな感じです。

中くらいの高さ&高くに打ち上がる大きな花火はがっつり見えます。
音もかなり響きます。
こんな感じです。

小さな子供を連れた我が家はこれで大満足しました。
会場の河川敷まで行かなくて良かったと思う理由はざっくりこんな感じになります。

息子を抱っこして20分も歩きたくない

移動だけで相当疲れそうです。

大会終了時の帰宅ラッシュの波に巻き込まれたくない

ラッシュに巻き込まれないために大会終了より早く帰り始めるのも手ですが、こうして駅近で観覧したことにより、ラッシュに巻き込まれない&終了ギリギリまで観覧することができました。

息子が花火を怖がらない

これは予測していませでしたが、実質息子にとって大きな花火を見るのは初めてと言えます。
まずすぐに、花火の「ドーン」と言う大きな音にびっくりしてしまい、「帰る〜〜〜」の連発でした。

会場から離れた場所で見たことで徐々に落ち着いてくれましたが、会場間近で見ると、その迫力に大泣きしてしまってトラウマになってしまったと思われます。
初めての花火大会なので、これくらいの距離で見たのが正解だったかな、と思います。

終わりに

大きな花火大会に行くのは、イヤイヤ真っ盛りの子供を連れた我が家にとってかなりの重労働になることを覚悟して行きましたが、案外余裕でした。
それもこれも、駐車場選び&観覧場所を会場ど真ん中から避けたから、だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする