T-falの衣類スチーマーでアイロンがけのストレスから解消!

私の苦手な家事は片付けとアイロン掛け。
アイロン掛けは基本主人のYシャツだけで週末にまとめて掛けますが、これをするだけで結構疲れます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

アイロン掛けは苦痛以外の何者でもない!

見出しの通りですが、この家事をするだけで1時間いかないぐらいの時間を取ってしまいます。
というのも、こまめにかけるのはできないので、毎週末、ひどい時は2週間に1度まとめ掛けだからです。

そうなると、アイロン掛けするシャツの数もかなりあります。
基本子供が起きている時は危ないので、お昼寝している時にしかやりません。
が、このアイロン掛けをしていると、終わる頃には、ふぅ〜と一息つくまもなく子供が起きてきます。
なので余計疲れるんですよね。

かといって全てクリーニングに毎回出すのも面倒だし、それなりにお金もかかってきます。

衣類スチーマーという選択。

そこで目をつけたのが「衣類スチーマー」
蒸気の力でシワを伸ばすものです。

なぜこれに目をつけたかというと、ハンガーにかけたままシワを伸ばせるからです。
お手軽さを追求していった結果、衣類スチーマーにたどり着きました。

そこで私が今回選択肢として考えたのがこの2つ。

【T-fal 衣類スチーマー アクセススチーム DR8085J0】

【パナソニック 衣類スチーマー NI-FS530-DA】

どちらにするかかなり悩みました。
主に下記に注目して選びました。

特に注目した点が赤字です。

T-fal Panasonic
価格 8,480円 8,756円
重量 900g 700g
水タンク容量 200ml  50ml
蒸気パワー 23g/分  11g/分
応用可能か ソファなどへ利用 アイロンとして利用
除菌・脱臭 可能 可能

その結果、選んだのはT-falの衣類スチーマーです。

理由を述べます。

まず、価格はどちらもほぼ同じなので比較対象外。

重要なのは重さ。
重いと、何枚かスチームしているうちにダンベルを持っているかのように感じてくるとのこと。
その点、T-falがかなり劣勢でした。

が、それを覆した理由は、蒸気のパワーです。
これが強いと、1回でシャツを上下何往復もスチームしなくても上から下にゆっくりと1度かけるだけでシワが伸びてくれると思ったからです。
軽くてもその分何度も重ねてスチームしないといけなかったら疲れるのは同じですよね。

除菌・消臭はT-falもパナソニックもどちらもやってくれるのでこれも比較対象外。

応用としては、パナソニックであればアイロン台を使えばアイロンとしても使えるということ。

T-falであれば、
①ソファやカーテンなどといったものにもスチームして除菌することができること。
子供のぬいぐるみもスチームで除菌できそうですね。

②別途ブラシも付いていて、シャツ以外の素材、コートなどにも使えること。

③連続噴射のストッパーがついているため、蒸気を出すためにボタンを押し続けなくていいこと。(この機能がないスチーマーは、蒸気を噴射させるたびにボタンを押さないといけません)

この3点も加点し、T-falをとりました。

パナソニックであれば、アイロンとして使えはしますが、かなり衣類スチーマーはコンパクトらしいので、シャツを1つアイロンするにあたっても1度にアイロンできる面積が小さいので結構大変らしいです。

小さい子供がいる我が家。
ソファの除菌などもできたらいいな、と思いました。

といった考えからT-falという選択にしました。

T-fal衣類スチーマーを使ってみた率直な感想

見た目はこんな感じ。

付属品にカバーヘッドとブラシがついています。
通常は写真のカバーヘッドをつけてシャツなどの上からスチームし、ブラシはコートなどの素材に使用します。

ハンガー掛けも付いていて、これをそのままドアに引っ掛けて使えます。

スイッチを入れてから1分せずに準備完了になります。

シャツの裾を軽く持って、ゆっくりと上から下にスチームを当てます。
(ヘッドカバーをつけてくださいね)

右半分がスチーム前。
左半分がスチーム後。

シワが取れていますよね。

このT-falのであれば、ボタンの上からでもスチームできるので、そこも便利なところです。

ちょっと気をつけたいのが、スチーマーを斜めや反対にしたら水が少しポタポタとすること。
事前にこの情報は仕入れていたので最初から気をつけて作業したので水が垂れることはありませんでした。
が、まっすぐスチーマーを持って動かすには、腕の部分が慣れるまではちょっと難しいです。

例2です。
Before

After

ちょっと写真だとわかりにくいですが。

声を大にして言いたいのは、あくまでスチーマーなので、クリーニングのようなパリッとした仕上がりを想定しているとがっかりします。

それを求めるならスペックの高いアイロンをご購入ください。
この衣類スチーマーでは、シワが「ほぼなくなるよ」という程度。
アイロンの70~80%の出来栄えと思ってください。

ですが、完璧を求めず、何より手軽さ・時短を求めるのであれば最高です。
特に冬の時期はシャツの上からセーターを着ることの方が多いので、十分です。

気になる重さですが、やはりシャツ4枚目頃から疲れます。
ちょくちょくストレッチをしながらかけました。

水の入れ替えもシャツ4枚ずつごとぐらいです。
このT-falの良い点として、水の容量というのも大きいですね。
パナソニックに限らず他の衣類スチーマーだと水の容量がかなり少ないので、多分2枚ごとずつぐらいで水を追加しないといけなさそうで、かなりのストレスになりそうです。

終わりに

これだと、朝ささっとスチーマーをかけてそのシャツを着るのでもトータル5分ぐらいでできそうです。
ちなみに、熱い蒸気や水が当たると怖いので、念のためミトンを片手につけて作業しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする