無知だった自分を後悔。今更ながらデータ通信量を意識した設定でスマホを使う。

私はソフトバンクのiphoneを使っています。
学生の時から変わりません。
通信量のプランはデータ定額5GB(=5,000円)です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

事件発生。初めて5Gを超えて自動課金されてしまった。

3月ごろのことです。
我が家のルータが故障してしまい、Wi-Fiが使えない状態が2週間ほど続きました。
ちょうどその頃、スマホでドラマを見たり、子供の音楽を探すのがマイブームになってきていた私。
休日には長い間、youtubeの子供向け音楽を掛け流しにしていました。
また、平日子供が寝入った夜8時ごろから、夜な夜なアマゾンやwowowの会員になったら見れるドラマ・映画を毎日のように見ていました。

その結果、3月末にSMSでソフトバンクから「データ通信量が残り200MBです。」の連絡が入り、次の日には自動で1G追加します(=1000円かかる)になってしまいました。

たかが1000円、されど1000円。。。ショックとともにデータ通信やWi-Fiについて無知すぎた自分に反省です。
これまでは毎月3GBほどにしかならなかったので、あまり意識してきませんでした。

基本的に容量のかかる動画閲覧はWi-Fi環境の整った自宅でしかしない。

これまでは(5GBを超えた月)電車の中であろうとどこであろうと、好きなようにyoutubeを見たり、データの重いアプリの起動なんかをしていました。

まずは自宅のルータを主人に直してもらい、Wi-Fi環境の整った自宅でのみ動画閲覧をするようにしました。
これでデータ通信量が無駄にかかってしまうことがありません。
当たり前の方にとってはそうなんでしょうけど、これまで全くの無知だった私にとっては、大きな進歩です。

スマホ設定を変更する。

今回、やめてーーーと思いながらも、自動で5Gを超えたら追加1Gを1000円でされてしまいました。
こちらも当たり前かもしれませんが、この設定はソフトバンクショップなんかに行かなくても簡単に自分で変えられるそうですね。

設定「快適モード」を一時停止する

こちらはソフトバンクについてのみですが。

「MySoftbank」にログイン→「データ量」→下に下がっていって、「快適モードの一時停止設定」を「変更する」。


(注)毎月締め日で一時停止設定はリセットされ、快適モードに戻るため、毎月この設定が必要です。

これで、自動でデータ量が追加されることはありません。
もし容量を超えてしまったら、「低速モード」になります。
Wi-Fi環境が整っていないところでは、データ通信がスローになります。
全くできないというわけではありません。
LINEなんかは普通な速さでできたと思います。
ただし、ネット通信系が非常ーーーに遅くなりました。

「Wi-Fiアシスト」をオフにする

このWi-Fiアシストは、Wi-Fiの接続が悪い時、自動的にモバイルデータ通信に切り替える機能です。
例えば公共の場所でもそうだし、我が家でもたまに気づかないうちにWi-Fi接続が悪くなっている時があります。
そんな時、勝手にWi-Fiからモバイルデータに切り替えられてしまうと、こっちはWi-Fiに繋がっていると思っているからデータ通信量も安心してyoutubeも見てるのに。。。となってしまいます。
なぜかわからないまま、月々のデータ通信量だけ高くなってしまう、なんてことがあります。

なので、このWi-Fiアシストも私はオフにしました。

やり方は簡単です。

スマホの「設定」→「モバイルデータ通信」→ずっと下に下り、「Wi-Fiアシスト」をオフにする。

これでOKです。データ消費節約になります。

ちなみに、私はこれでスマホのバッテリー消費自体も少なくなりました。
これまでは家に帰るとすでに30%ほどまで減っていましたが、70%前後残るようになりました。
詳しくないのでなんとも言えませんが、おそらくWi-Fi接続のためにスポットを探すパワーの消費が減ったためだとは思いますが。

まとめ

これまでは、恥ずかしながら自分のスマホのプランも月々の料金もほとんどと言うほど知りませんでした。
なので前述したことは知っている人からしたら本当に当たり前すぎて何を今更書いているんだ、的なことに思われるかもしれません(笑)。
本当に、知識こそ武器ですね。
もし私のように本当に初心者レベルの方がおられたら、ご参考にどうぞ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする