子供の寝冷えにはスリーパー!夏も冬も重宝する!

息子1歳半。
寝相がとんでもなくひどいです。
ベッドだと親と親の真ん中に寝かせても寝ぼけてベッドから落ちてしまうほどなので、今は親子3人、布団で川の字で寝ています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

朝起きたら横にいない不思議。

寝るときは隣に寝るんです。
ちゃんとお腹に毛布を掛けて。

ですが、朝起きたらどこいった状態です。
しょっちゅう足元にいたり、私の頭の上ら辺に子供のお尻があったり。
深夜の間にどうやって動いているか知りたいぐらいです。
コロコロと転がりながら、見事に寝ながら移動しているようです。

当然ながら掛けていた毛布は剥がれ、お腹丸出しです。
夏と言いつつも、せめてお腹は温めておきたいところです。
冬ならなおさらです。

重宝するのがスリーパー。

スリーパーとは、ベストのようなものでお腹もすっぽりと隠れるようにやや長め・大きめになっているものです。
私は上はシャツ、下はパンツの状態で寝る前に着せています。
夏用、冬用それぞれあったり、夏冬兼用のものもあります。
夏用はよくガーゼ素材になっていて、寝冷えを防いだり汗を吸収したりしてくれます。
冬用は暖かい素材でできていて、身体を冷えから防いでくれます。

0歳児からのものも多く、私は6歳ごろまで使える大きなものを使用しています。
(なので今はかなり大きく、足まで隠れます)

これがあることで、夜中にちょくちょく子供に毛布を掛けてやる心配がいらなくなりました。

意外と出産祝いで贈ると喜ばれる。

案外このスリーパー、出産祝いで贈ると喜ばれるんです。

出産祝いの定番は現金や子供服、おむつケーキ、おもちゃ等ですよね。
スリーパーをチョイスする人ってなかなか少ないです。
選んだとしたら、同じく子育て中のママですね。

かつ、出産準備品として最初から自分でスリーパーまで用意しておく人ってあまり聞かないですね。
特に、初産の人だと、スリーパーって何?状態だと思います。
子育てしていく中で、存在を知る人が多いと思います。

なので、他の品と被ることが滅多になく、かつとても便利なものということで喜ばれます。
0歳児から使えるのも喜ばれるポイントです。

まとめ

あって損はしないスリーパー。
そう高価なものでもないので大変オススメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする