もう証明写真機は必要ない!?セルフで作成&コンビニ印刷でお安くできる。

運転免許証や各種資格試験、パスポート取得に必要である「証明写真」
駅前によく設置してある証明写真機で用途に合わせて写真を撮るのが早くて簡単ですが、地味にお金かかりますよね。

機械によりけりですが、〜800円/回のものが多いのではないでしょうか?
それなのに、使う写真はそのうち1枚だけのことがほとんど。
大抵は、撮影半年以内の写真しか使えないことが多いですから、残りの写真は無駄になってしまいます。
私も全て写真を使い切ったことはありません。

そんな地味に嫌なこの出費を少しでも抑える方法を今回利用したのでご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

スマホで写真を撮ってコンビニ印刷。

そう、自分のスマホで写真を撮って、コンビニで印刷すれば、30~200円程度で済みます。
(この価格幅は、有料アプリor無料アプリ、また印刷設定によるものです)

スマホで写真撮影。

専用のアプリは色々とネットでも紹介されていますが、よく目にしたのがこちらのアプリ。
120円と有料ではありますが、サイズ設定など使いやすいらしいです。

[かんたん-証明写真-]
https://itunes.apple.com/jp/app/かんたん-証明写真-プロ版/id675679685?mt=8&ign-itsct=675679685-675679685&ign-itscg=0177&ign-mpt=uo%3D4

無料なものではこちら。
[履歴書カメラ]
https://itunes.apple.com/jp/app/zheng-ming-xie-zhen-kantan/id919409463?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

一方、我が家が今回使ったのはパスポート用の写真だったので、パスポート専用の証明写真アプリこちらを使いました。
無料です。
使い方は次に軽くご紹介します。

[パスポート写真]
https://itunes.apple.com/jp/app/パスポート写真-passport-photo/id759142884?mt=8

コンビニで印刷。

写真が完成したら、コンビニで印刷します。
私はセブンイレブンを利用しました。
セブンイレブンでは、写真印刷するのに、「netprint」というアプリ(無料)をインストールしておく必要があります。

[netprint]
https://itunes.apple.com/jp/app/netprint/id372351201?mt=8

事前にこれでプリント予約したり、コンビニでnetprint用のWi-fiをその場で設定することもできます。
ちなみに、印刷は主人がしてきてくれたのですが、事前のプリント予約では画質がうまくいかなかったようで、コンビニでその場でWi-fiを設定して印刷したそうです。

印刷はL判写真プリントだと1枚30円、証明写真プリントだと1枚200円です。
私は証明写真プリントをしました。

出来上がりがこんな感じです。
4×3が4枚です。

一番審査が厳しそうなパスポート写真も通った!

さてさて、今回はこの写真の用途はパスポート用。
パスポート用や運転免許証用は特に写真のルールが厳しそうです。

写真はまず、白い壁をバックに、息子を腰掛のない椅子に座らせて撮りました。
影が映らないこと、がポイントの一つなんだそうですが、この写真では、息子の影ではないですが、グラデーションのようにちょっとなってしまっています。

撮った写真を上記のスマホアプリでサイズ感は調整できるので、この辺はあまり気にせず。
あごや頭の位置も後で調整可能です。

出来上がった写真は、カットせずにそのままパスポートセンターへ持って行きました。
サイズは問題ないであろう、、、あとはこの背景のグラデーション感でNGを食らわないかどうか。。。。

結果、ギリギリOKでした。
一瞬「ん?」とされましたが、まあ許してもらえました。

ちなみに、申請時は息子本人は必要ありませんでした。
パスポートが出来上がって受け取り時は、本人確認のため本人が必要です。
息子約2歳の場合、パスポートは6,000円でした。

特に赤ちゃんの証明写真はセルフがお勧め。

当初このスマホでセルフ撮影の前は、証明写真機でどうやって子供の写真を撮ったらいいんだろう?と思っていました。
座高も足りないだろうし、あごや頭の高さをゆっくり調整させてくれるほど、息子はじっとしていられないだろうし、私が抱っこして撮るわけにもいかないし。。。

なので、このセルフでの証明写真の方法は、子供向けに特にいいかもしれません。
首の座っていない赤ちゃんなら、白いマットの上に寝転ばせて、上からの撮影でもいいそうです。

何度もとりなおせるし、時間も十分に使うことができるという点でもお勧めです。

まとめ

今回は、初めてということもあり手間取ることもありましたが、トータル200円で証明写真を準備することができました。
証明写真機の半額以下ですね。
ですが、パスポート写真など規定が厳格なものは、万一NGが出ると取り直しの手間が増えるので、注意は必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする