「スクラッチ」は初心者親子でも始めやすいキッズプログラミング言語!

今年の目標の1つにあげた「スクラッチ」の習得。
ようやく手をつけ出したのでご報告です。

関連記事。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2020年には小学校プログラミングが必須化!

2020年から小学校でのプログラミング教育が必須化されました。

これは、新たに算数や国語のようなレベルで「プログラミング」と言う科目ができるものではなく、プログラミングの論理的思考をどこかの科目の中で学ぶと言うものらしいです。
プログラミング構築をマスターするのではなく、あくまでその考え方に触れる、と言うのが目的らしいです。
早い段階からIT技術・機器に触れる目的もありそうです。

このプログラミング教育が必須化された背景には、IT人材の不足が挙げられます。
海外でもプログラミング教育に乗り出している国は続々と出てきており、国内でも子供向けプログラミング教室も増えてきました。

Scratch(スクラッチ)とは?

スクラッチとは、目で見ながらプログラミングを行なっていく、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MITラボ)が開発した視覚的なプログラミング言語です。

JAVAやC言語などのように文字ばかりでいかにもプログラマーというものではなく、子供や初心者でもとっつきやすいように、視覚的なGUIになっています。
頭で構築して文字に落としていくのではなく、見た目で様々な色やキャラクターを使って理解しながら構築していくことができます。
専門知識も不要です。

すでにNHKなんかでもスクラッチの番組があったりしますね。

サンプル通りに1つ作ってみた

スクラッチのHPから簡単なアカウント登録し、早速1つ作ってみました。
サンプルがいくつもわかりやすく公開してあるので、初めての人でも手をつけやすいです。

HPはこちら。
https://scratch.mit.edu

本当は出来上がりの作品そのものを貼り付けたかったのですがどうもうまくいかなかったので画面キャプチャのみです。

この作品では、2匹のキャラクターがいます。

スペースを押すと猫が、右矢印を押すと恐竜が少しずつスタートラインから走り出します。

先にゴールラインを踏んだキャラクターが喋るという、という作品になります。

作ってみた感想「簡単!」

この作品に使用したアルゴリズムは画面右側のこんな感じになります。

私は元々ITの会社に勤めています。
プログラマーではないので構築はできませんが、研修レベルではアルゴリズムは知っています。
なのでアルゴリズムに初めて触れる人からするとどれくらい難しいレベルかはよく判断できませんが、これを見る限り、難しいプログラミング言語で構築されているのではないので、初心者でもガイドに沿って進めていけばかなり理解しやすいものだと思われます。

最初はサンプルをいくつかこなしていきながら、慣れれば自分で好きなものを作れそうです。

プログラミングを学ぶメリットと終わりに

将来IT関連の仕事に就くかもわからないのにプログラミングを習っても、、という声なんかももちろんあります。

ですが、ここではプログラミングスキルだけではなく、プログラミングに使う論理的思考力や構築力が学べます。
その力はプログラミングだけでなくあらゆる仕事や日常場面で要求されますよね。

また、子供と一緒に親子で何かを始めるきっかけとしてもいいかもしれませんし、何と言っても子供が自身でこうした作品を作り上げる達成感を得ることができます。

プログラミングなんて蕁麻疹できそう!というぐらいの人でも、初心者でもかなり始めやすいこのスクラッチ。
試してみてはいかがですか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする