愛される絵本は世代を超える!息子の好みはこぐまちゃんシリーズ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

子供は絵本が大好き。

1歳半の我が子。
毎日のように絵本を読めとせがんできます。
子供って絵本が大好きですよね。
絵本自体、脳の発達、心の発達、言葉の発達に良いことはあらゆる方面で言われています。

早すぎることってないんだと思います。
どうせ読み聞かせてもわからないだろうとかじゃないんですよね。
赤ちゃんなら赤ちゃんなりに絵本を感じ取っているし、何より、ママの膝の上に乗って、ママの声が近くで聞こえてくる安心感があるのですかね。

私は0歳の時から息子に絵本を読んでいます。
今は、自分で今日読みたい絵本を取ってきて、私の膝の上に乗って、「ん!」と絵本を渡してきます。
1ページ目を開くときなんて、楽しみが溢れかえって、満面の笑みで、「きゃああああ」と言っています。

30年越しに引き継いだ絵本たち。

そんな絵本大好きな息子。
我が家の絵本は全て実家から譲り受けたものです。

実家には、姉・私が生まれる時に購入した100冊以上の絵本があるので、年代に合わせてよく送ってきてくれます。
とてもありがたいです。

絵本のいいところって、流行り廃りがないところです。
全て30年前に購入したものです。
王道の「はらぺこあおむし」を始め、未だに店頭に並んでいるものも多いです。

これとか。

これとか。

絵本は世代を超えて、普遍的に愛され続けるんですよね。

息子のお気に入り。

息子のお気に入りはこの「こぐまちゃんシリーズ」です。

多分ですが、ページごとにメインの色が変わってカラフルなところがいいのかな、なんて思っています。

私の母は、この「しろくまちゃんのほっとけーき」をいつも読んで、そのあとに一緒にホットケーキを焼いていたそうです。

このページですね。

私も絵本と一緒に「じゅーじゅー」と言っていたようです。
私も息子にしてあげたいです。

あとはこの「おんなじおんなじ」も好きらしいです。
靴がおんなじ、のところでは、靴を指差して「くっく」と言います。

「はらぺこあおむし」も好きです。
絵本の内容というよりは、丸くくり抜かれた穴に指を入れて遊ぶのが好きなようですが。

まとめ

1歳半でも、ちゃんと絵本を理解しています。
読み聞かせるというより、息子が勝手にページをペラペラめくっていくので、それに合わせてそのページを読んであげる感じですが、どんな形でもいいと思っています。
現実的になかなかそうはいきませんが、時間が許す限り、何度でも読んであげたいものです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする