気になる出張ペーパードライバー教習を利用してみた!率直な感想を。

この度、出張ペーパードライバー教習を利用してみたので、感想をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

出張ドライバー教習とは?

私が利用したのは、アース・ドライビングサポート社の「女性のためのペーパードライバー教習所」というものです。
関東圏住まいの方向けです。

免許は持っているけど、ペーパードライバーで運転するのが怖い人って結構いると思います。

免許取りたてならさほど恐怖心はないでしょうが、取得してから数年経っていれば、ハンドルを握るのさえ怖い人も少なくないかと。

特に首都圏に住んでいるなら、普段自動車を利用しなくても交通手段に困ることはないと思うので、ペーパードライバーになってしまう人もいるはず。

この出張ドライバー教習では、そんなペーパードライバーを克服するためのものです。

私がこの会社を選んだ理由は、主人の同僚の奥さんもここを利用した、というためです。

ネックは何と言っても値段!

私が利用したアース・ドライビングサポート社はこんな感じです。
他の会社でもプランは色々でしょうが、相対的な値段は大差はないかな、と思います。

トライアルプラン=1日(100分)=¥17,280
ジュニアプラン=2日=¥32,400
ベーシックプラン=3日=¥48,600

ベーシックプランが一番オススメはされていますが、料金もそれなりにします。
どれを選んでも決して安くはないですよね。

申し込み方法は?

まずはメールで問い合わせ。
氏名や住所、ペーパードライバー歴などをごくごく簡単に記入します。(この問い合わせはしてもしなくてもOK)
すると24時間以内にメールでの返信が来て、何日間ほど教習を受けるのがベストか、おおよそのアドバイスが来ます。

そのメールに貼ってあるURLからでもいいし、HPから直接でもいいし、正式な申し込みをします。

その際、上記の料金プランの選択と、教習所で練習するか、自分の使いたい道(公道)で練習するか、また教習カーにするか、マイカーにするかも選べます。

私が練習したいのはとことん自宅ー会社間だけ。
その他は自分で運転することは想定していません。
できるだけ普段利用する予定と同じ環境で練習したかったので「自宅ー会社間」を「マイカー」で受けることにしました。

私はトライアルプランマイカー公道、で申し込みました。

1日のトライアルプランを選んだ理由

私は、このペーパードライバー教習は「ゼロから学んでペーパーを卒業する」という建てつけではなく、「ある程度自分で練習して、仕上げをこの教習でする、最後の卒業試験のつもりで受ける」という意気込みで1日のトライアルプランで申し込みました。

なので、事前の自主練習はマストです。

その時の記事はこちら。

とりあえずトライアルプランで申し込んで、当日の様子を見てもう1日増やしたり(+17,280円)、逆にベーシックプランで申し込んで進捗が良いので1日減らしたり(差額返却)もできる、というのも理由です。

気になる教習の感じは?(運転開始まで)

予約完了すると、1日前までに料金の振り込みを完了させておきます。
当日は、自宅まで教官が来てくれ、着いたら電話が入ります。

マイカーの助手席に教官が乗り、スタートします。
教官は「陽気な大阪のおっちゃん」な感じです。

まずは教官が持参したブレーキとバックミラー(助手席につける)を取り付けます。
ブレーキは万一のためでしょう。
運転席のブレーキに補助ブレーキを取り付け、助手席からも手でブレーキがかけられるようになります。

それから、会話の中でペーパードライバー歴や、どの辺を練習したいかなどを話します。
私は、すでに1ヶ月ほど前から少しずつ自身で練習もしていること、そして完全なペーパードライバー克服でなく、ただ自宅ー職場間が乗れるようになればいいこと、を伝えました。

そうでないと、ハンドルを握ると手汗をかくほどのペーパードライバーだと、まず1日コースで完全になることは不可能。

教習時間の追加の無理強いなどはされないのでご安心を。

気になる教習の感じは?(運転開始後)

運転スタートして間も無く脇に止めるように言われました。

ちゃんと道の真ん中を走ることができていない、と。

普段、実は私自身もちゃんと真ん中を走れているか自信がなかったのでどきっとしました。
すぐに見抜かれました。
それからすぐに真ん中を走るためのポイントを教えてもらい、運転再開。
さすが、ポイントを教えるのがとても上手です。

それからは職場に着くまで特に指摘はなく。
陽気なおっちゃんだったため、よく喋ります。(本人曰く、ずっと静かだと逆に怖いでしょ!?とのこと)

一旦目的地まで自分で到着しました。
ちゃんと曲がるときも周りを確認できていてよかったよ、とのこと。
そう言われると、自分の運転にも自信がついて来ます。

そこから、自分が不安に思っている箇所をまた伝えました。
駐車車線変更です。
これはどちらも運転中にやらなかったことです。

そこで、これらを集中して練習することにしました。

ホワイトボードやプリントを使ってポイントを確認した後、実際の練習です。
ただし、駐車は左駐車か右駐車のどちらかに絞らないと1日コースでは時間が足りませんでした。

なので右駐車に焦点を当てて練習しました。
コツをどちらも教えてもらって練習し、かなり自信がつきます。
ただし、車線変更はなかなか実練習できる回数は限られていました。(仕方がないですが)

駐車の練習をし終えたら自宅駐車場まで戻って最後の自宅の駐車場での練習です。
我が家の駐車場はこれまで練習して来た広い駐車場と違い狭く、かつやや坂道になりながらの駐車、さらに白線ではなくロープなのでかなり路上の線は見えにくいです。

なので、駐車のためのハンドルの切り替えポイントも通常とは少し異なります。

そこで、この我が家の駐車場のためだけの目印やポイントもすぐに見つけて教えてくれました。

するとこの難しい駐車場でもすんなりとほぼ1発で駐車することができるようになりました。

トータル1時間半の教習の予定が、2時間半も延長料金なしで一切嫌な顔することなく親身になってやってくれました。

1日トライアルプランで合格点をもらえたポイント

今回(おそらく)合格点をもらえたことでしょう。
「俺がおらんくても道走る時なんか大丈夫だったんちゃう!?」と言われたので。
なので、今回1日プランでクリアできたポイントと状況をおさらいします。

*状況*
・もともとは免許取得後8年間運転していないペーパードライバーで、ハンドルを握るのすら怖かった。

・使う道は車通りも多く、路上駐車も多い。

・決まったルート(車で片道15分ほど)だけ乗れるようになればいい(その他では主人運転想定)。

*クリアできたポイント*
・事前自主練習を1ヶ月前(土日のみ)から行っていたこと

・完全なペーパードライバー脱却ではなく、決まったルートだけを乗れるようになればいい、ということで、クリアのハードルも低めだったと思います(高速や極端に狭い道などはなしなので)

出張教習を受けて感じたメリット・デメリット

メリット

1.運転への自信がつく
運転自体は問題ないでしょう!と言ってもらうことができました。
プロに合格点をもらえると、自主練習の数倍の自信につながります。
これは教習を受ける1番のメリットになるはずです。

2.自分だけの目印を作ってくれる
ちょっと特殊な駐車場だったり道だったりなど、教習所のコースでは練習できないようなところでも、その場で目印やコツを作ってくれます。
我が家の駐車場もそうでした。
今までコツがつかめなかったのが嘘のようです。

3.無理強いが一切ない
無理に日数追加を言ってきたりすることは全くありません。
私も、もともとメール問い合わせの時は3日コースが良いと言われていましたが、1日でほぼ合格点をもらうことができました。
(これは個人の出来具合にかなりよると思います)

デメリット

なんせお金です。
1日17,000円ですからね。
決して安くはありません。

私も事前自主練習なしで最初からこの教習を受けていたら3日コースどころではなかったはずです。
ですが、1時間半の予定をプラス1時間も延長料金なしでやってくれた分、とても良心的だったと思います。

終わりに

今となっては私と息子だけでも車に乗るようになりました。
ですが、決して運転に慣れきることなく、常に緊張感を持っていかなくては!と思います。
少しずつ、行動範囲も広げていければな、と思います。

ちなみに、教習内では時間がなくて練習できなかった左駐車も、右駐車のコツを掴んだらそれなりにすぐにできるようになりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする