磁石ブロックで子供の想像力・創造力が育つ!年齢に応じて色々な遊び方ができるよ。

今回息子に新しく導入したのが、知育玩具の磁石ブロック。
色々な種類が売ってありますが、我が家はこちらです。

Kit wellの、新感覚積み木 マグビルド パネルシリーズ です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Kit wellの磁石ブロックで育つ能力

新感覚積み木 マグビルド は、三角や四角の形をしたブロックをマグネット式で組み立てて遊びます。
平面の形から立体的な形まで色々な形に組み立てることができるため、子供の想像力・創造力・空間認識力・記憶力など様々な力を伸ばすことができる知育玩具です。

ピース内容はこちらの通り。

対象年齢は3歳からとなっており、「誤飲の危険があるため、3歳未満のお子様には絶対に遊ばせないでください」と書いてあります。
我が子は2歳半。
ものを口に入れることはありませんが、遊ぶときは必ず目を離さないようにしています。
というより、いつも一緒に遊びます。

早速開封!2歳の息子でも遊べる?

商品が到着!
息子も「あっちゅする?(開ける?)あっちゅする?(開ける?)」と興味津々です。
開けるとテンション↗︎↗︎で、「これ、ぼくの?ぼくの?」と。

速攻で遊び始めました。

最初はこれらが重なってくっついた状態なので、これらがバラバラになると分からず、ひたすらにらめっこ。
こうやってくっつけたり外したりするんだよ、と教えると、自分でやりたいやりたい!と。

ですが、この2つがくっついた状態でまっすぐ引っ張って外すのって難しいんです。
ここでまず息子が癇癪。

こうしてちょっと「シュッ」てひねるといいよ、と教えると、すぐに自分で「シュッ!」と言いながら上手に外せるようになりました。

色々な形のサンプルが同封されています。

飛行機などしっかりとした形のものを作るのは2歳の息子1人では無理です。
ですが、くっつく、外れる、が面白いようでひたすら繰り返しています。
大人が家や飛行機の形に作ってあげると大喜びです。
大好きなご飯の時間やお出かけの時間よりもこれで一緒に遊びたいようで。

遊び方いろいろ!息子が思いついた遊び

まだまだ立体的・平面的なちゃんとしたものの形にするのは息子には難しいようですが、それでも息子は息子で色々な遊び方を見つけ出しています。

ひたすら高く積み上げる

同じ形のものを集め、自分の背丈ほどまでどんどん積み上げていきます。
ジェンガの逆の要領ですかね。
途中で倒れるとそれはそれで大興奮で、また積み上げ始めます。
ここまでできたときはかなりご満悦です。

こっちの積み重ねも好きです。

同じ色・形を揃えて食べ物屋さんごっこ

こんな感じで揃えるのが好きなようです。

黄色はオムライス、赤はりんご、緑は葉っぱ、と決めて「ママ、どれにしますか?オムライスがいいですか?熱いのでフーフーしてくださいね」と上手に食べ物屋さんをしています。
同じ色、形を考えながら遊んでいます。

一列に並べてレールに

縦一列に四角のブロックを並べ、その上をプラレールに走らせます。
こんなこと、私は思いつきもしませんでした。

四角の箱を作って色々入れる

最初の土台の1段目を大人が作ってやれば、あと段々高さを作っていくのは息子でもできます。

箱の形状を作って、その箱が壊れないようにそっと他の三角のブロックなどを入れて遊んでいます。

好きな形を作る

今はひたすらお家の形が好きなようです。
ものの形を作るのは、まだ1人では無理なので、大人と一緒にします。

子供の遊び方はいつだって無限大と実感

私だとこのマグビルドは平面・立体の形を作って遊ぶ、としか思いつきませんでしたが、子供って本当に発見が多く、1つのものでも様々な遊び方を見つけ出します。

また、私はいつもおもちゃを買うときは、実際年齢よりちょっと対象年齢が高めなのを選んでいます。
なので息子には難しいものも少なくなく、いつものパターンだと、

1.新たなおもちゃに興味を持つ → 2.難しいのですぐに飽きる → 3.対象年齢ぐらいになるとまた興味を持って遊びだす
です。

ですがこのマグビルドの場合、遊び方は無限大なのでたとえちょっと早い年齢でも年次に応じて好きな遊び方を見いだせるな、ととても感じました。


今の2歳半では2歳半なりの遊び方を見つけているので、他のおもちゃのように「難しくてすぐ飽きる」ということがありませんでした。

きっと3歳近くになると、もっと上手に色々な形に組み立てられるようになっていることでしょう。

この玩具で鍛えられると感じた意外な力は?

息子の嫌いなことの1つ「お片付け」
我が家には大量のプラレールがありますが、息子はボックスから出すのは好きですが、片付けるのは嫌いです。
いつも叱られながら渋々片付けているのですが、このマグビルドに限っては自分からいつも片付けます。

というのも、マグビルドの場合だと、ブロック同士と近づけると自らカチッとくっついてくれるので、カチッ、カチッとしながら重ねて集めていくのが楽しいようです。
同じ形のものを探してはカチッとくっつけながら集め、お片付けまで楽しそうにやってくれています。
おもちゃ遊びの延長で片付けまでやっているようです。
自然とお片付けができるようになっているんです。

終わりに

今回購入したのは60ピースのものですが、56ピース版もあります。

家にある60ピースを持ち出すとなくなるのが怖いので、実家に別で56ピース版も送って置いておいてもらおうかと思います。
友人へのプレゼントとしても知育玩具は喜ばれそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする