物件選び編:子連れ引っ越しで注意したこと・家賃を下げたあれこれ。

この度引っ越しをしました。
これまでと違って子連れ(1歳半)を連れての引っ越し。
物件を選ぶ観点も違ってきたので記載します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

子連れ物件選びでのチェックポイント。

今回、物件選びにあたって我が家が見たポイントはこちらです。

1階であること。

息子1歳半は家の中でもいつも大はしゃぎ。
ストライダーに乗ったり、謎のくるくるをして床にドスンと尻もちをつく遊びをしたり、走り回ったり、ボールを投げたり、スライド式ドアをガンガンとしたり、、、
書ききれないぐらいです。

幸い夜泣きはないので、夜の心配は要りませんが、下の階があったらクレームきてたんじゃないかなというぐらい賑やかだと思います。
なので、下がない1階の部屋であることは重視しました。

3階以上ならエレベーターがついていること。

なかなか1階で限定して調べると母集団が少なくなってしまうので、優先度はかなり高いですが、必須条件にはしませんでした。

もし3階以上ならエレベーター付き。
これは、さすがに10kgオーバーの息子を抱っこしたり、場合によってバギーやベビーカーがあれば、3階以上は「どんなトレーニングだよ!?」的なことになるので、エレベーターは欲しいところです。

マンションであること。

アパートなら木造で、音もかなり響きそうなので、マンションであることは重要でした。

仕切りのできる2LDK 。

これまで住んでいたのは駅近の1LDK。
さすがに子供のものも増えて狭くなったので、2LDK欲しいなと思っていました。
また、泊まり客が来た際、寝てもらうのがリビングになってしまっていました。

ですが、2LDKで今と同じ家賃、リビングは今より広い、って築年数を下げたり駅歩を多少遠くしてもなかなかないんですよね。

なので、今回選んだのはその中間地点。
2LDKだけど、リビングはこれまでより狭いです。
ですがリビングともう一つの部屋は仕切りドアを全開にして繋げることができます。

そうすると、リビングがこれまでよりかなり広い1LDKのようになります。
普段は全開にしておいて、広いリビングとして生活します。
人が泊まりにきたりすれば、仕切りドアを閉じて2LDKとして使い、その部屋で寝てもらうこともできます。

病院近くだと尚よし。

気になるのはどうしても子供のこと。
万一のことも考え、病院が近くにあるのは地味にチェックしていました。

逆に重視しなくなったポイントは、スーパーやドラッグストア、駅の近さ。
今回駅遠くの物件にし、その分駅近より家賃相場が低くなったため、それで車を購入しました。
そのため、車があればスーパーや駅の近さは考慮しなくてよくなりました。

家賃を月々4,000円下げたポイント。

予定通り、通常通り、部屋と駐車場で契約すると、これまでの家より3,000円ほどトータル高くなります。
まあこれでも許容範囲なのですが、予定していたより4,000円下げることができ、トータル今までより1,000円ですが安い家賃になりました。

それは、「駐車場を備え付けのものとは別にした」ためです。
マンションに備え付けの駐車場だと月々12,000円。
それを、マンションから2分ほど歩きますが、別途月極駐車場にすれば月額8,000円になりました。

それで、マイナス4,000円です。

固定費の削減はなかなか大きいですよね。
年間約50,000円違います。

子連れ物件探しはとりあえず最寄り不動産屋に行ってみるといいかも。

今回、すでに自分たちでネットで物件を見つけていました。
あとはそこに書いてある仲介業者に電話するだけ。

ですが、とりあえず家の近くの不動産屋でその物件を紹介してくれないか聞きに行ってみました。
特に問題なくOKでした。
ネットに書いてある仲介業者と変わりなく対応してくれました。

案外、これが小さい子連れだと良かったです。
ネット上の仲介業者だと、電車を3駅ほど行かなくてはいけません。
話をして、内見して、書類を書いて、、、で通常2時間、3時間ぐらいはかかりますよね。
それだと小さな子供は飽きてぐずりだす可能性大です。

それが家近くの不動産屋だと、子供がぐずったので一旦帰ってまた来ますね、が簡単です。
我が家も、午前中に内見の予約までして、一旦帰って子供の昼寝。
子供が起きた午後に内見。
その後不動産屋に戻って、子供が飽きたら私と子供だけ先に帰る、おやつを食べてまた主人だけ残っていた不動産屋に子供と戻る。
を繰り返しました。

なので、すでにチェックしている物件があるなら、最寄りの不動産屋でとりあえず紹介してくれるか聞いてみるといいかもしれません。

まとめ

子供が小さいと1つのことをするにもあくせくしてしまいます。
引っ越し準備が思いやられそうです。。。
また準備編を書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする