1歳半検診。息子は超平均児だった件。

息子の1歳半検診に行って来ました。
自治体によってやり方等色々違いがあると思うので、私の地区でのお話を書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

当日は予約なし&母子手帳と問診票を持っていく。

約1ヶ月半前に1歳半検診のお知らせと問診票が届きました。
一応日付は決まっていますが、当日子供の体調が良くなく来れない方もいると思いますので、別途候補日もあります。
1歳8ヶ月になるまでに受診すれば良いそうです。

特に事前に予約電話は必要なく、母子手帳と問診票を持っていきます。
場所は、いつも予防接種をしている小児病院ではなく、地域の区役所です。

問診票には、指さしができますか?何がしゃべれますか?1日のスケジュールは?小走りできますか?等、両面びっしりと記入する欄があります。

当日は受付開始時間直後に行きましたが、すでに番号札は40番を超えていました。
当日50人ぐらいの母子がいたと思います。

4つの診断トータル1時間半。

はじめに食生活のお話を10分程度聞いたあと、4つの診断を部屋ごとにしていきます。

身体測定

子供がパンツ1丁になり、身長と体重を測ってもらいます。
身長は寝転がった状態で、体重はカゴの中に入って座るor立って。
息子はこれまでの検診ではちょっぴりぷっちょな感じでしたが、今回測ってもらうと、身長・体重共に成長曲線のど真ん中。
超平均児でした。

問診

そのまま裸んぼの状態で、次は問診。
病院でよくある「もしもし」です。
息子はこれが大嫌い。
すぐに「もしもしだ」とわかったらしく、座るなり大泣き。
ですがものの1、2分で終わりました。

歯科検診

部屋を移って今度は歯科検診。
寝転がった状態で、足の方を先生に、上半身を親の方で支えて(抑えて)チェックします。
特に虫歯はありませんでしたが、歯肉から血が出やすくなっている状態とのことで、しっかりと歯茎から磨くように、とのことでした。
これも1、2分です。

面談

最後は部屋を移って面談です。
親と面談士の1対1です。(子供は抱っこした状態ですが)
これも3分程度。
問診票を見ながら、チェック項目について確認していきます。

息子はすでに20ほど単語をおしゃべりできます。
面談士さんにもめちゃめちゃおしゃべりされますね、と言われました。
特に不安や気になる点もなく、できる・できないのチェック項目も全てできるにyesだったため、そのまま終わりました。
目の前で指さしができるか、おしゃべりができるか、などの実技の診断は終始ありませんでした。

事前に準備しておくこと。

当日、1つ1つの診断は短いですが、人数も多いため、待ち時間もそれなりにあります。
私は、14時に到着して、終わって出たのが15時半でした。
なので、しっかりとお腹は満たしておいてあげたほうがいいです。
でないと待ち時間にぐずりが多くなると思います。
現地では飲み物はOKですが、歯科検診があるので食べ物はNGです。

また、歯科検診があるため、しっかりと歯磨きはさせていってください。

身体測定に合わせて、おしっこをしていない新しいオムツに変える必要があるので、予備オムツも必要です。

そして、眠たいとぐずりも多いと思うので、検診の時間帯に合わせてお昼寝もその日はさせたほうがいいかと思います。
我が子の場合は、検診だった14:00-15:30はいつもお昼寝の最中なので、今回は午前中に2度寝を1時間半ぐらいさせて行きました。
それでも疲れたのか、帰るなり2時間以上ぐっすりでした。

まとめ

あくまで私の地区での検診のお話なので参考になるかはわかりませんが、忘却録です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする