マスキングテープの使い道がいまいちわからない!ちょっとズレたらダサく見える件。

インスタグラムやLOCARIなどのキュレーションサイトでこぞって紹介されているマスキングテープの使い方。

ですがいまいち使い道にピンときません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

マスキングテープとは?

「マスキング」とは「隠す」という意味で、マスキングテープは養生資材の1つです。
このマスキングテープには様々なサイズ、色、粘着力があり、用途によって使い分けられます。

最近のマスキングテープブームにより、ホームセンターのみならず、ダイソーなどの100円均一などでも簡単に色々な種類のものを手に入れることができます。

模様も様々でとても可愛いので、ついつい集めてしまいたくなりますが、結構このマスキングテープ、意外と「何に使ったらいいの?」と思う方も少なくないと思います。

試しに、セリアで1つ購入してみました。

ちょっとズレたら一気にダサく見えるマジック。

よくSNSやネットで紹介されている用途をいくつか挙げます。

・壁アートにする。
・三角旗ガーランドにする。
・瓶や箱にデコる。
・各コードのしおりにする。
・ラッピングに使う。
・リボンを作る。
・瓶などラベル貼りにする。
・ノートをリメイクする。
・ネイルに。
・壁にテープメータートして(子供の身長を測る)。
・床に貼って子供の遊び道具道路にする。

調べれば数多く出てくると思います。
ですが、これが案外使えそうな用途がないんです。

マスキングテープの特徴の一つは、セロハンテープなどに比べ、剥がれやすいことです。
なので、壁をデコるというアイデアが出てくるんですね。
ですが、実際に自分の部屋の壁がマスキングテープでデコられていたら。。。正直「ダサっ!」と思ってしまうことでしょう。
一気に安っちいリビングな感じがします。。。(あくまで私個人の意見です)

子供部屋の床に貼って道路を作る、なんてのも、いざするとなればまあまあな量のテープが必要です。

ラッピングに、ともありますが、実際、自分でラッピングすることってほとんどない気がします。
プレゼントならお店でラッピングしてもらうし、自分でやるとしたら、手作りお菓子を包んだり、とか?
手作りお菓子をママ友にプレゼント〜♪なんてこと、(我が家では)ないですね。

ネイルも単色マニキュアの色が好きです。

ということで、用途にピンとくるものがかなり狭まりました。

良さそうな用途を厳選した結果。

その中で、調べてみていてこれならありかなーというものが4つほどあったのでご紹介します。

爪楊枝の旗

子供用にです。
オムライスやお弁当にでもつけてあげようかしら。
お子様ライスの旗の要領ですね。

絆創膏のデコレーション

絆創膏の上からマスキングテープを貼り、余分なところをカット。
通気性を保つために、針などで10箇所程度上から穴を開けました。

ですが、逆にこれは子供の興味を引いてしまい、絆創膏をカリカリといじって剥がしそうなので、以降はやらないと思います。。。我が子の場合。

子供服の名前書き

保育園に行っているので、全てのものに名前を書く必要があります。
ですが、お高い洋服なんかは、あわよくば使い終わったら売れるかな、とか、次の子もお下がりにできるかな、なんて考えるので、できればフルネームは服に書きたくない。
そんな時、このマスキングテープ。
洋服のタグのところにぐるりと1周半ぐらい巻いて、その上から名前を書きます。
これが案外、洗ってもダメにならないんです。

(洗濯前)

(洗濯後)

結構オススメです。
服がサイズアウトしたら、シールを剥がせばOKです。

食品のメモ

よくやるお肉の冷凍。
私は冷凍すると、これは鶏胸肉か鶏もも肉なのか、しょっちゅうわからなくなってしまいます。
なので、こうしてマスキングテープで「ムネ」「モモ」を書いて、ラップの上から貼っておきます。
普通のセロテープだとうまく書けないし、ラップの上から直接も書きにくいです。
そこでマスキングテープが活躍します。
マスキングテープだと、上から文字が書きやすいです。

まとめ

同じように意外とマスキングテープの使い方がよくわからない方、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする