梅雨の時期の登園。レインポンチョが助かる!

現在1歳4ヶ月の息子。
保育園通いです。
いつもは抱っこ紐で登園していますが、最近はかなり自分で歩きたがるので、少しずつ一緒に歩きながら行ったりもしています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

入園後初の梅雨の時期に突入。

これから梅雨の時期を迎えます。
登園方法はどうしよう。


抱っこ紐で私が傘をさしてで登園?
息子、私それぞれ雨具?
あるいは車?←これは私が運転の自信がないので当分は無理です。

息子に購入したのはレインポンチョ。

子供用の雨具と言ってもいろいろありますよね。

一つは傘。
これはまだ息子には早いです。
無理だと思います。

そこでレインコート。
みてみると案外いろいろなタイプがあります。

王道のレインコートタイプ
袖がある、大人用でもよくコンビニなんかでも売ってるタイプのやつですね。
これでもよかったですが、袖を通すのがぐずっているとちょっと大変。

ロンパースタイプ
袖もありの、足もありの、がこのタイプ。
これが雨具の中では最強の完全防備ではありますが、朝の忙しい時間に、上から下まで全部ボタンを閉めるのが面倒です。

ポンチョタイプ
うちはこれを購入しました。

特にノーブランドで1,500円ほどだったと思います。
ケース付きで便利です。

そしてこのポンチョタイプにしてよかったなと思うのが、何と言っても脱ぎ着せさせるのが楽だから、です。


ボタンは2つ付きです。
さっと上から被せたらすぐで、腕のところもちゃんと出せるように左右それぞれ1箇所ずつボタンが付いています。

初のポンチョ登園も問題なし。

最初初めて朝出る前に着せた時は、ビニールのシャカシャカした音に少し驚いたようでぐずりましたが、抱っこするとすぐに泣き止みました。
それからは着ているのに慣れたようで、全く気にしていませんでした。

座ってもお尻まですっぽり隠れているので濡れません。
水たまりが最高にお気に入りのようで、自分の顔が濡れてもずっとペチャペチャと手で水を叩いていました。

注:本人入っています。地面の石ころが気になっているよう。

まとめ

雨具は大人でも子供でも、賑やかな柄であればあるほどいいな、と思います。
雨の憂鬱な気分が晴れやかになります。
なんと言っても子供用であれば見つけやすいですしね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする