【こどもの日】は息子の好きなものでお祝い!途中で力尽きる。。。

先日はこどもの日。
息子は2歳半になりました。
その日はプールに行こうと思っていましたが、前日夜に実家から帰省したばかりで私があまりに疲れていたので断念しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

こどもの日に作るべきものが浮かばない

3月3日のひな祭りであればちらし寿司とお決まりですが、
子供の日って何を作るものなの?

全く思い浮かばなかったので、とりあえず息子が好きなものを作ってやることにしました。

ということで思いついた息子の好物がこちら。
と言っても食べムラがあり、昨日はあれだけ食べたのに今日は全く食べようとしないものなども多いです。

・カレーライス
・焼き海苔
・ブロッコリー
・無印良品のコアラパン
・ヨーグルト
・アイスクリーム
・ゆかりご飯
・トマトスープ
・ポテト
・丼もの
・パスタ

ここから選ぶことにしました。

当日のメニューはこちら

当日はこちらになりました。

・カレーライス(こどもの日バージョン)
・春巻きの兜包み(こどもの日バージョン)
・ハッシュドポテト
・ブロッコリーサラダ
・柏餅


本当はもう少し綺麗に飾り付ける予定でしたが、息子の早く食べさせろコールがあまりにすごく、途中で断念しました。

カレーライスは大人と別で息子用に2種類作るのは大変なので、大好きなミニオンのレトルトカレーにしてもらいました。
それを鯉のぼりバージョンに飾り付けです。
鯉のぼりには人参、スライスチーズ、焼き海苔を使っています。

春巻きの兜包みの中身はジャガイモ、ツナ、コーンで、塩胡椒とマヨネーズで味付けしています。
食べる際は、トマトケチャップやハリッサ(大人に)をつけました。

ハリッサはこちらの記事より。

ポテトは息子の好きなもの第1位なので絶対に外すことはできません。

柏餅は子供の健やかな成長のために

柏餅はもともと息子と一緒に作ろうと思っていましたが、当日面倒になってしまい、諦めて購入しました。

柏餅の葉でもある柏は縁起の良い木と言われており、縁起を担いで端午の節句に柏餅として食べるようになったそうです。
さらに、その柏の葉は春の新しい芽が出るまで古い葉を落とさないことから『子どもが成長するまで親が生きている』と言う子孫繁栄の縁起担ぎもあるそうです。

ちなみに、関東では柏餅、関西はちまきで知られているそうです。

終わりに

一応こどもの日バージョンの飾り付けで鯉のぼりや兜をメニューに入れましたが、息子は全く無関心でした。
さらに、柏餅に至っては一切口に入れようとしませんでした(笑)。
なので1口だけポテトと一緒に食べさせました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする