【軽井沢】おもちゃ王国で2歳半の息子が遊べたものは?フリーパスor入場券のみどっち? 色々まとめ。

軽井沢旅行記より。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

子供たちの天国「軽井沢おもちゃ王国へ」!

おもちゃ王国は、メインのターゲットを幼児〜小学生低学年とした施設で、おもちゃだけに限らず、子供が楽しめるものを集めた施設です。
プラレールやお人形などおもちゃから、遊園地同様のアトラクション、さらには魚釣りなどの自然体験や屋外アスレチックなど様々なジャンルが揃えられています。

軽井沢おもちゃ王国、とありますが、厳密には群馬県に位置します。

【HP】
https://www.omochaoukoku.com/karuizawa/index.html

【営業時間】
2018年4月20日(金)~11月25日(日)
平 日 10:00~17:00 (11月は16:30まで)
土日祝 9:30~17:00 (11月は16:30まで)
夏期(7/14~9/2) 9月・10月の3連休 9:00~17:00

【住所】
〒377-1512 群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277

【料金】
入園券 大人1,200円 小人900円
フリーパス 大人3,100円 小人2,900円(入園+アトラクションフリー)

※大人:中学生以上/小人:2歳~小学生まで(0歳・1歳は無料)

2歳半の息子が夢中で遊んだもの

キッズ広場

息子がまず遊んだのが、入場してすぐの屋外施設であるキッズ広場。
キックバイクに夢中で、さっさと1人で色々な場所に行ってしまいます。
入場券のみでOKな場所です。

おもちゃのお部屋:トミカ・プラレールランド

おもちゃ王国には、冷暖房完備の室内型のおもちゃのお部屋が11館あります。
真っ先に行ったのが「トミカ・プラレールランド」
40種類ものプラレールがあります。

壁際には展示品もあり、大人が見ても結構楽しいです。
このお部屋は、小さな男の子にはまさに天国ですよね。
1時間弱もここに滞在しました。
入場券のみでOKな場所です。

おもちゃのお部屋:ダイヤブロックワールド

続いてまたおもちゃのお部屋。
こちらはブロックが沢山あります。
おうちにもレゴはありますが、この膨大な量に息子も感激したようです。
2人で、大人でも通れるほど大きな門を作りました。
入場券のみでOKな場所です。

おもちゃのお部屋:まなびのハウス

お絵かきやボールなど、知育玩具が揃っています。
息子はこのピタゴラスイッチ的なものがハマったようで、ここでまた1時間近く滞在しました。
入場券のみでOKな場所です。

おもちゃのお部屋:おもちゃのお城(期間限定:NHKキッズキャラクター)

こちらは期間限定(6月30日(土)~9月2日(日))で、NHKの「おかあさんといっしょ」、「いないいないばあっ!」、「みいつけた!」のキャラクターが集合しています。
息子はブンバボンが大好きなので、知っているキャラクターが沢山いてテンションmaxでした。
ここでも1時間近く滞在しました。
ここは大人、子供問わず1人400円で、フリーパスは利用できません。

水車の広場のニジマスつかみ取り

こちらも夏の期間限定です。
あみとカゴを持って、ニジマス取りに挑戦です。
息子と主人がチャレンジしました。
なかなか最初はつかめませんでしたが、ついに主人が1匹。
その魚はまた逃して、終わると受付で1匹ニジマスを塩焼きで焼いてくれます。
子供の自然体験にはとてもいい場所です。
20分で800円ですが、人数問わずなので、家族全員で水に入っても同じ値段です。
フリーパスは利用できません。

バッテリーカー

トーマスとパーシーに惹かれて息子がやりたがったもの。
おもちゃ王国でなくてもよくあるものですが。
人数問わず1回200円で、フリーパスは利用できません。

ちなみに、息子がやりたがらなかったのが「アトラクション」。
レッツゴートーマス・レッツゴーパーシーやゴーカートに乗ろうとしましたが、頑なに嫌がりました。

フリーパスが効かないものも少なくない

気づいたことは、おもちゃ王国は子供と大人の値段が変わらないということ。
入場券やフリーパスは変わりますが、アトラクションはフリーパスなしでその場その場でチケットを購入していると、大人も子供も値段が変わらないことに気がつきます。
まだまだ乗り物は付き添いが必要な息子。
1つアトラクションに乗ろうとしたら、大人、子供変わらずチケットを二枚必要とします。
そして、おもちゃ王国は一般の遊園地に比べて、チケット1枚ずつの値段が割高だと思います。

一方で、フリーパスを購入すればアトラクションなどフリーパスが使えるものは多いですが、自然体験系をメインに、フリーパス利用不可のものも結構あります。
その場合は、別途チケットを購入する必要があります。

例えば、私たちが行ったニジマスつかみ取りやNHKキッズキャラクターのところなんかはフリーパス利用不可でした。

結局フリーパスVS入場券のみどっちがお得?

入場券でもフリーパスでも、購入するならまずはおもちゃ王国のHPからクーポン画面を受付で提示してからにしてください。
入場券のみであれば100円引き、フリーパスなら500円引きになります。

ところで、今回おもちゃ王国に行くときに悩んだ「入場券のみ購入して、利用したいものがあればその場その場でチケットを購入する or フリーパスを購入する」。

2歳半の息子を連れて行った我が家は、今回「入場券のみ」のパターンで行きました。
結局どちらがお得だったか比べてみます。

入場券のみの場合
・入場券3人(大人2、子供1) 計3,000円(クーポンにて大人1,100円×2+子供800円)
・(フリーパス不可)NHKキッズキャラクター(大人1、子供1) 計800円
・(フリーパス不可)ニジマスつかみ取り 800円
・(フリーパス不可)バッテリーカー 200円

トータル4,800円

フリーパスの場合
・入場券3人(大人2、子供1) 計5,000円(クーポンにて大人2,600円×2+子供2,400円)
・(フリーパス不可)NHKキッズキャラクター(大人1、子供1) 計800円
・(フリーパス不可)ニジマスつかみ取り 800円
・(フリーパス不可)バッテリーカー 200円

トータル6,800円

結果、入場券だけ購入した今回のパターンの方が2,000円安くなりました。
入場券のみだったため、これはフリーパスが使える、これは使えない、と何も考えたりせず好きなことをしていると、見事に全てフリーパス利用不可のものになりました。

もちろん、フリーパスだった場合、フリーパスが効くものを選んで遊ぶでしょうから、上記のフリーパスが利用不可なものを全部除いたとしても、5,000円はかかります。

逆に、今回のように入場券だけの場合、フリーパスが効くかどうかは気にせず、好きなものに乗れますので、1つひとつのチケットはフリーパスより割高なんでしょうが、自由度があります。

そして、今回入場券だけにして正解だったなと思う理由は他にもあります。

・上記の通り、何で遊ぶか、に選択肢の自由度がある

・2歳半連れ。
かなり「あれはしたい」「これはいやだ」の主張やあまのじゃくがあるため、親がいくらフリーパスが使えるものに誘っても無駄だと思われる。
その分、息子がしたいものだけできる入場券のみプランが正解だった。

・フリーパスが使えないものほど楽しそう(個人的に)
フリーパスが使えないものが意外とあることは上記で述べた通り。
アトラクションだと、「バッテリーカー」、自然・アスレチック系だと「渓流釣り」、「ニジマス取り」他。室内系だと「NHKキッズキャラクターのところ」などが不可でした。
ただし、おもちゃ王国の目玉の1つでありそうな「わくわく大冒険の森」はフリーパスが利用できるようですね。

ちなみに、5つ以上のアトラクションに乗るのであればフリーパスがお得、と言われています。

7月三連休前の平日の人の多さは?

今回は連休前の木曜日に行きました。
何をして遊ぶにしてもお客さんは3割ぐらいしかいなかったので、結構ガラガラでした。

が、休日になると多分一気に増えます。
特に息子が遊びたい放題だったプラレールのお部屋は見るだけで子供に人気そうだったので、休日に来ればおもちゃの取り合いになりそうだな、と思いました。

終わりに

帰りに、お土産としておもちゃ王国限定のトミカを購入して帰りました。
息子にとっては最高に楽しい1日だったに違いありません。
ちなみにおもちゃ王国でのランチはこちら。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする