子供用吸収ライナーで本当に節約できるのか試してみた。

子供にかかるお金でできるだけ減らしたい費用の一つ「紙おむつ代」
おしっこ吸収ライナーでどれだけ節約できるのか試して&計算してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

おしっこ吸収ライナーとは?

パンツ型の紙おむつの上から貼り付けます。
おしっこが溜まったら吸収ライナーだけ取り外せば、元の紙おむつはまたそのまま使えるので、紙おむつ自体の交換頻度を減らし、節約することができます。
大が出た時は吸収ライナー&紙おむつごと取り替えます。

本当に節約になるか試してみた。

私が今回購入したのがピジョンの45枚入り(西松屋価格で)615円のもの。
単純計算で1枚13.6円です。
男女兼用で体重7Kg〜のものです。

普段使っている紙パンツはパンパースパンツタイプのLサイズ。
58枚入り1,401円で1枚あたり 24,1円。

紙パンツだけの場合、朝起きて1回、保育園で3回、お風呂後に1回、寝る前1回の計6回、日によりけりでプラス1回です。
単純計算24,1円×6回=145円。
まあまあかかっているんですよね。

保育園では紙パンツなので、お家での時間に吸収ライナーを試してみました。

そこで難点が1つ。
たとえ新しいパンツ+吸収ライナーにしても、大が出たら1発で両方換えないといけないので、紙パンツのみの場合よりも逆に損してしまいます。
いつ来るかわからないので、なかなかこの損しないタイミングのみ吸収ライナーを使うというのは難しいです。

また、やはり紙パンツより吸収力は全体的に劣るので、寝るときは吸収ライナーより紙パンツだけにしておいた方がよいです。

そう考えていくと、損しないタイミング&寝る際は吸収ライナーは使わないとなると、使える時間帯は限られてきました。

結局風呂上がりのみで1日10円の違い。

結局は、お風呂上がりから寝るまでの1時間半ほどの時間に使う、に収まりました。
1日1回吸収ライナーですね。

保育園を出る直前にいつも先生が新品パンツに替えてくれます。
それから帰ってお風呂に入るまでは約1時間。
何も出ていないことも多いです。
ですが、お風呂上がりは新品清潔パンツにするので、これまではそれでもパンツを替えていました。

それをやめて、お風呂上がりはお風呂前のパンツに吸収ライナーを追加する、に変えてみました。

お風呂上がりは紙パンツ+吸収ライナー。
これで、お風呂前のパンツに直接あたることはないので清潔感は保たれそうです。
それから寝る前にまた全替えして、吸収力抜群の新品紙パンツで寝かせます。
これまで1日6回紙パンツを使っていたのを、1日5回+吸収ライナー1回になりました。

結局、1日134.1円。
変わったのは全紙パンツの時より10円だけです。

まとめ

平日はこれが精一杯です。
休日もうまくやればうたい文句の通り「1日4枚節約」ができるんでしょうが、新品パンツ+吸収ライナーのときに大があれば一気にどちらもおじゃんになってしまうので、パンツだけの時よりも逆にマイナス13.6円になってしまいます。
なのでこれくらいのんびりの使用頻度で落ち着きました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする