【市が尾】徳江いちご農園でイチゴ狩り!大人にも子供にも嬉しいポイントあり!

イチゴがおいしい季節になりました。
早速イチゴ狩りに行ってきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

徳江いちご農園の概要

【HP】
http://tokuenouen.jp/index.html

場所は田園都市線の市が尾駅からバスで約5分。
それから徒歩5分程度のところにあります。
横浜市青葉区になります。

車で行くことも可能です。
駐車場もありますが、常に混雑していて、誘導のおじさんがいるぐらいです。

私は今回、1週間前に事前に電話予約をしました。
人気スポットでもあるので、予約は必須です。

1月から5月すぎまで実施していて、時期によって料金も若干異なってきます。
今回はママ会の団体で行ってきました。
我が家は大人1名、3歳児1名なので計3,000円です。

公式HPよりお借りしました。

開園時間は10:00で、私たちは今回、10時の回に参加します。
到着したのが9:40です。

1回で150人入場の規模の人気スポット!

この徳江いちご農園は、場所は畑に囲まれた場所にありますが、人、車がたくさん集まっています。
10時の回、11時の回〜〜〜、と区切られていますが、1回に入る人数が150人と、かなり多いです。

なので、到着した9:40ですでにかなりの賑わいようです。
とても人気スポットだということがわかります。
なので予約可能な時期(1週間前かな??)になればすぐ予約すべきです。

客層はほぼほぼファミリー。
友人家族同士のような団体で来ている人が多いかな、という印象です。
子供たちで溢れています。
私たちも今回10人以上の団体で行きました。

減農薬栽培のいちごを数種類食べ比べ

上着や荷物を預けるスペースも少しながらあります。
なにせハウスの中は暑いといっていいぐらいなので、外で預けて入ることをお勧めします。

いちごは30分食べ放題。
10分前ぐらいに、軽く事前説明を受けます。
注意点や美味しいいちごの見分け方などです。
そして事前に器が配られます。そこにいちごのヘタを入れていきます。
また、コンデンスミルクも入れてもらえます。
なお、このミルクは後でもお代わり自由です。

入ってみると、中はとても広いことに気がつきます。
紅ほっぺやよつぼし、とちおとめなど、数種類のいちごがあります。

そしてこれらいちごは減農薬栽培をされているそうです。
文字通りですが、安全で美味しいイチゴが食べられるということです。

どのイチゴも本当に美味しい!
ですがやっぱり紅ほっぺが一番な気がします。
日陰にあるイチゴの方が、冷たくて美味しいです。
息子もコンデンスミルクを口からこぼしながらも大きなお口を開けてイチゴを頬張っています。

イチゴだけで超満足!

30分というと短い気がしますが、思った以上に大満足します。
いちごの水分のせいもあるのでしょうが、お腹いっぱいになります。
主人にお土産イチゴを買って帰ろうかと思いましたが、ちょっとイチゴはしばらくいいや、、、という気持ちになり、やめました。

そしてもう一点のポイント。
この徳江イチゴ農園のいちごは高設栽培です。
いちごが腰の高さのあたりで摘めるので、どっこいしょっとしゃがんで摘む必要がなく、とても楽です。
腰に優しいです。
地味にかなり嬉しいポイントです。

終わりに

すっかりいちご狩りにハマった息子。
木の上になっているりんごなどだと、自分で好きなように取ることができませんが、いちごなら自分の好きな時に好きなものを取れます。
それも嬉しかったのでしょう。
今の所、毎日寝る前に「こないだ行ったいちごのお話してよ」と言います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする