【ハワイ旅行】2歳前後の子連れ。ベビーカーはいる?いらない?

ハワイ旅行記より。
ハワイに行った際、息子は1歳11ヶ月
普段はもうベビーカーは乗りませんが、移動も多いであろう旅行です。
持っていくかどうか悩みました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ベビーカーが必要か、否か。

ベビーカーが今回のハワイ旅行で必要か、それぞれ考えてみました。

必要な理由
・移動が楽
・子供が乗らなければ荷物を乗せればいい

不必要な理由
・息子は普段ベビーカーにあまり乗らない。歩く。
・持っていく荷物が増える

そこで我が家は「ベビーカーは必要」と判断しました。
というのも、普段息子は自分で歩きますが、旅行の場合、移動が長距離になったりします。
歩くのも限界があります。
また、途中で寝てしまった場合、抱っこは非常に疲れます。

ベビーカー用意のパターンは?

上記により、ベビーカーを用意する方向で進めました。
用意の仕方は大きく分けてこの通り。

家から持参する

これは、一番メジャーな方法ですね。
自分の使い慣れたものが一番です。
飛行機で手荷物として預ける際は、ベビーカーは制限数・容量にカウントされず、無料なことが多いです。

ただしネックは、空港に行くまでの持って行きかたです。
車の場合は気にしなくて良いですが、公共交通機関を利用する場合、「持って行く」か「郵送する」になります。

持って行く場合、ただでさえ大きなスーツケースを持っているので、ベビーカーもとなるとかなりガッツが要ります。
大人しく子供がベビーカーに乗ってくれていると問題ないですが、、、
ベビーカーを持参するパターンとしては、自宅から車で空港に行くケースがほとんどかなと思います。

郵送する

郵送する場合、お金はかかってきますがこんなサービスもあります。

ABC空港宅配サービス
https://www.jalabc.com/delivery_service/airport_delivery/abc_airport_delivery.html

移動にかかる労力とストレスがぐんと減りますね。

現地調達する

ハワイでベビーカーを購入するパターンです。
ウォルマートなどの大型量販店であれば、安いもので16ドルぐらいでベビーカーを売っています。
クオリティは期待していませんが、数日間だけなので、気にしなくても良さそうです。
帰りは、ホテルに言えば処分してくれたりもするそうです。

我が家はこの激安ベビーカーを現地で買おう!と思って行きました。
ちなみに、ウォルマートはアラモアナショッピングセンターの奥にあります。

ここで思わぬトラブル、、、!
なんとその一番安い16ドルベビーカーは売り切れ、、、
次に安いのはその16ドルのものより2倍以上の価格だったので断念しました。。

現地レンタル

これが一番おすすめです。

オススメはJCB楽天での無料レンタル

ハワイに行くなら是非JCBか楽天カードは用意しておいてください。

ワイキキにそれぞれのカードラウンジがあります。
そこでインフォメーションサービスやドリンクサービスをやっています。
中でも子連れにとってのオススメはベビーカーの無料レンタルです。
それぞれのラウンジで、無料貸し出しサービスを行っています。

我が家は当初、JCBラウンジでベビーカーをお願いしましたが、あいにく全て貸し出し中とのことで、JCBラウンジその場で楽天ラウンジに在庫を確認してもらいました。
そこであることを確認できたので、楽天ラウンジへ。

もともと当施設内のみでの貸し出しだと思い込んでしまっていたのですが、なんと最大7日間無料貸し出し!
施設外も普通にOKです。
しかも氏名、連絡先など基本的なことを書くだけですぐに貸してくれます。
ちなみに、おそらくベビーカーは年齢制限があります。
1歳11ヶ月の息子はOKでした。
(結局楽天でしか借りていないので、JCBの貸し出しについては詳しくありませんんが)。

それでハワイが子連れに優しいことをとても実感できました。

現地調達なら入手経路は複数用意しておくべき!!

このように、ベビーカーについては現地調達しようとしても貸し出し中だったり売り切れだったりも多いと思うので、複数入手経路を用意しておいた方がいいと思います。

我が家も今回は、

1.ウォルマートでの16ドルでの購入(売り切れ)→2.JCBラウンジでの貸し出し(全て出払い中)→3.楽天ラウンジでの貸し出し

ようやく3の楽天でありつけたので。

終わりに

ベビーカーレンタルは、その他のカード会社や旅行会社でもやっていると思うので、事前に確認してみてくださいね。
持って行く、現地購入、現地レンタルだと、断然現地レンタルをお勧めします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする