【グアム旅行】海外挙式お呼ばれって結局どこまで費用負担するの?

この度、親友のグアム挙式に息子2歳とともに参列してきました。
今回はちょっと気になる「海外挙式参列に伴う費用負担」について私のケースをご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

一般的には航空券負担が多そう

ちょくちょく調べてみましたが、友人として海外挙式に行く場合、

1.全額自己負担
2.航空券負担orホテル代負担
3.自己負担なし(ご祝儀のみ)

で、2のパターンが多い感じがします。
この場合のご祝儀は出す、出さないでまちまちですね。

海外というのがハワイorグアムなんかでも航空券代ってかなり違ってきますし、ご祝儀はそれに合わせる感じになるんでしょうかね。

新郎新婦vs私たち列席友人 の費用負担比率

私の今回のグアムの場合、上記の2のパターンで、航空券のみ自費となり、ご祝儀は辞退されました(申し出はしましたが)。

航空券往復大人1人+乳幼児1人でトータル約7,7万円でした。
詳しくは過去記事にて。

逆に、新郎新婦側が負担してくれたものはこんな感じです。

・ホテル代(3泊滞在)
・ドレス代(式前日に「これを着てね」と渡されました)

大きくはこの2つですが、実際には現地滞在に伴って発生したお金を色々と何も言わずに負担してくれていました。

・当日キャンセルしたオプショナルツアー代。
これは、当日友人の1人が体調不良になってしまい、それに伴い私たちも合わせてキャンセルしました。
イルカウォッチングツアーでした。
当日キャンセルだったため、実際にはツアーの100%キャンセル料が必要で、およそ1人6,000円でしたが、これも新婦が負担してくれました。(もちろん負担するつもりでしたが、遠慮されました。)

・タクシー移動で使った費用
新婦含め友人グループ(計4人)で使ったタクシー代も負担してくれました。

・ホテル代として渡されていた分の余り
グアム現地に到着してすぐ、新婦から、チェックアウト時の決済になるから、とホテル代として現金を渡されていました。
実際にはかかった代金より8,000円ほど多く入っていたので返却しようとしたらこれも辞退されました。
美味しいものでも食べて、と。

結局グアム挙式列席で使った費用は?

結局、現地滞在中も様々な負担をしてくれた新郎新婦に感謝を込めて、「結婚祝い」として友人グループみんなで電子レンジを後日プレゼントしました。
(ご祝儀だと断られるので。)

3泊4日でかかった費用をざっくり計算してみると、

・自宅-成田空港往復=6,200円
・航空券=77,000円
・現地食事&お土産=10,000円
・電子レンジ1人あたり=11,000円

計104,200円(私+乳児)

でした。

なぜこんなに現地滞在費が少ないかというと、

1日目(午後着により夕飯のみ必要)=上記のホテル代余り費用で食べたためお金かからず。
2日目(挙式日)=朝食付きのプランで、かつランチ&ディナーは結婚式&パーティーだったため。
3日目(フリー)=朝はプランにより込み、友人体調不良によりランチ・ディナーはレストランには行かずコンビニご飯だったため
4日目(早朝フライト)=朝食はすでに帰りの機内食だったため。

終わりに

航空券のみ自己負担の海外挙式は多いと思いますが、実際に行ってみると、それ以上に新郎新婦が色々と気を遣ってくれました。
なので、後日新婦が欲しがっていた電子レンジをプレゼントしました。
今回は友人としての列席でしたが、これが親族としてだとまた感じが違ってくると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする