ふるさと納税控除をコレでようやく実感!

去年の夏に初めてしたふるさと納税
ただ、本当に税金から控除されるのか、どうやったらそれがわかるのかわからず半信半疑でした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

仕組みはよくわからないけど。。。

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。
(総務省)

と言われても???状態です。

結局は(私の理解では)、ふるさと納税で自治体に寄付をするとそのお礼に特産品がもらえます。
その寄付した金額に対して税金を差し引いてもらえるので、実質2,000円で特産品をもらえるということです。

ですが、当初、結局は実費で2,000円はかかるんでしょ?ということでお得なのかよくわかっていませんでした。

確かに、2,000円もかからなそうなものに対してふるさと納税の寄付をしても、「お得か」という意味ではそうではないかな、と。
ですが、元が2,000円以上そうなものをふるさと納税寄付で入手すると「お得」ということですかね。

なので、10,000円をふるさと納税して1kgのお肉をもらうより、50,000円をふるさと納税して同じお肉を5kgいただく方がお得ということ。
10,000円の寄付をしても、50,000円の寄付をしても実負担は2,000円ですから。

今回の例で言えば、普通のスーパーではふるさと納税でもらえるような上質なお肉が5kg2,000円で買えるわけないですから、実費2,000円出してもお得、と言えますよね。

ふるさと納税の意義は損得だけではもちろんありませんが、「お得か」に限って見ると、私は上記のように理解しました。(違ったらすみません)

私が10,000円でふるさと納税したもの

初めてふるさと納税するにあたっては、とりあえず周りで流行っているから、というぐらいで始めたので、ふるさと納税のことも実は何も理解していませんでした。

なので、とりあえずで10,000円で寄付してみました。

寄付した先がこちら。
和歌山県有田市のうなぎの蒲焼。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】国産うなぎ蒲焼きカット3枚セット(70g×3カット)
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/6/29時点)

内容については過去記事をどうぞ。

色々な種類のうなぎの蒲焼が入っていて、大変美味しかったです。

本当に税金から差し引かれてる??

正直、ちゃんとふるさと納税をしたことで税金から差し引かれているか不安でした。

どうやって確かめたらいいの??

前年度の源泉徴収のどこかの税金欄を見て、「今年の方が減っているな!」的なことを計算しないといけないの?
そんなの、年収が前年度と違ったらわからなくない!?
的な、おそらく無知すぎてとてもしょぼーーーい不安も持っていました。

ですが、先日会社で受け取った市民税の通知書をみて一安心。
ちゃんと備考欄に書いてあります。
10,000円分寄付したから、2,000円が自己負担。
ちゃんと8,000円が適用されていました。

終わりに

確定申告も要らずで、無知な私でもとても簡単にふるさと納税できました。
ですが、私の時短勤務の収入は微々たるものなので、次回は主人にやってもらおうと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする