[Delish Kitchen] レシートでWメリット!家計管理&ポイントゲット。

たまに休日のご飯に利用する動画レシピサイト「Delish Kitchen」
最近新サービスを開始したようなので利用してみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Delish Kitchenのクーポンとは?

Delish Kitchenのクーポン=ポイントです。
対象商品を購入し、レシートを撮影してエントリーするとポイントがつきます。
貯めたポイントは「dポイント」「楽天Edy」「nanacoポイント」のいずれかとして使うことができます。

実際に貯めてみた

ステップはこんな感じです。

1.これだという商品をタップ

2.「エントリーする」をクリック

3.受け取るポイントを選ぶ(事前にポイント交換先の登録が必要)

4.対象商品を購入し、レシート撮影の注意事項に沿って撮影

5.「審査中」のステータスになるので数日待ちます。

6.審査OKとなれば、今月ポイントに反映しています。(今回は別クーポンですが、5日ほど審査にかかりました)

私はnanacoを持っていたので、事前にnanaco番号を登録しておきます。
氏名や電話番号なんかを直接当アプリで入力はしていません。
「SNS連携をする」、をすればお気に入りレシピなんかを引き継げるそうですが、ポイントを貯めるだけならばポイント交換先の情報以外は入れなくて良さそうです。

ポイントの使い方(nanaco編)

いざポイントを使うときは、Delish Kitchenではなく各ポイント交換先の使い方に則ります。

私の場合はnanaco。
nanacoでは1ポイント=1円になります。
なので今回の場合10円分貯まりました。

このDelish Kitchenで獲得したポイントは、「センターお預かり分」に登録されます。
連携先のポイントからnanacoに交換したポイントはこの「センターお預かり分」になるそうです。
nanacoのHP、ログインにて確認できます。

使い方は、セブンイレブンで「残高確認」または「現金でチャージ」をします。
すると、レジであればレシートでセンターお預かり分が記載されます。
私はセブンATMで「残高確認」しました。

センター預かり分が移行されていることが確認できました。

良い点と悪い点はこんな感じ

良い点は、

・特定のメーカーの商品だけでなく、「肉」や「なんでもレシートならOK」というものもあり、これはとてもエントリーしやすい。

・ポイント交換先の登録だけで、氏名なんかは登録しなくてもOKなので、利用ハードルがぐっと下がる。

悪い点は、

・先着順のため、人気のあるクーポンは上限に達してしまうことがある。

・現金に交換できない。

といったところでしょうかね。

レシートが家計の手助けに

今回ご紹介したDelish Kitchenだけでなく、レシートをポイントにできるサイトは他にも複数あります。
これらを活用することで、これまでただ捨てるだけだったものがお金やポイントに変わります。

注意点は、ポイントを貯めるためにわざわざ買う予定のなかったものまで購入したら元も子もないということですかね。

また私は、食費に関してだけですが、MoneyForwardのアプリで家計簿もつけています。

なので、お買い物をした後はレシート合計をMoneyForwardに記帳&対象商品があればエントリー、の2つを行います。
どちらをやってもほんの一瞬で済むことなので、日々のルーティンになっています。

終わりに

前述した通り、今回のDelish Kitchenだけでなくレシートのポイント交換アプリはいろいろあります。
それぞれ使い勝手が微妙に違ったりします。
例えば、直接現金化できるものと今回のnanacoのようにポイントにだけ交換できるものなど。
自身の使いやすいものを選んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする