ミシンがない我が家の保育園手作りグッズ対策

4月から息子が保育園スタートとなります。
各種洋服やコップなどに名入れ作業など、なかなか大変です。
そんな中で、頭を悩ませたのが、手作りする人も少なくないであろう袋類。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

保育グッズを手作りしたいワケ

私が手作りしたいと思っているのがこちら。

・箸袋
・コップ袋
・上履き入れ

というのも、市販品でもいいかなと思っていましたが、アカチャンホンポや西松屋で購入すると高確率で他の子と被ると思ったからです。

そして、これら3つは比較的初心者の私でも作りやすいだろうと思い、手作りしたいと思っていました。

ミシンがない人の手作り保育グッズの入手方法

今回の入園で必要になったのがこちら。

・サイズ指定の掛け布団カバー、敷布団カバー
・サイズ指定の絵本バッグ
・箸袋
・コップ袋
・上履き入れ

上手な人は全て手作りするのでしょうが、私が作ったのは下3つだけ。
あとは外注したのですが、サイズ指定のためちょっと厄介。

さらに、私はミシンを持っていなかったため、そこが一番の問題。

そこで、サイズ指定だったりするものの入手方法はこんな感じがあると思います。

ハンドメイドサイト

minneなどのハンドメイドサイトで、オーダーメイドで色々なものを作ってくれたりします。

メリット

・1点ものが多く、他の子と被りにくい
・本当に可愛いものが多い
・完全手作り

デメリット

・市販よりやや高め(布団カバーなどだと、例えば楽天で3,000円なら、ハンドメイドサイトなら5,000円程度が相場な感じ)

・2,3月はキャパオーバーなことが多い(人気の作家さんであれば、入園準備の時期はオーダーが殺到するため納入が4月末などになってしまうことも多々。つまり、入園に間に合わない。)

楽天やアマゾンなど

楽天やアマゾンでも、5cm単位でサイズ指定してオーダーメイドで作れるものもあります。
私は布団カバーをこちらの「スリーププラス」で購入しました。
掛け布団カバー、敷布団カバーと合わせて2つです。
柄が可愛いものが多いです。

メリット

・ある程度サイズ指定できる
・店舗で購入するよりバリエーションが豊富で他の子と被る確率がやや下がる
・ハンドメイドサイトより安価で納入までが早め(2週間ぐらい)

デメリット

・個人的に、ハンドメイドサイトの方がおしゃれな生地が多い印象。楽天やアマゾンであれば、王道のキャラクターものがどーん、という感じのものが多い。

店舗購入

西松屋などでの購入方法です。

メリット

・その日のうちに手に入る
・安価

デメリット

・サイズ指定できない
・他の子と被る確率高

ジジババや友人にお願いする

ジジババ世代であれば、ミシンがある家庭が多いと思います。
なので作ってもらうようお願いすることも可能だと思います。
あとは優秀な友人なんかにも。

注意点としては、出来栄えに不満があっても文句を言うことが非常に困難ということ。
そして、お礼を忘れないこと、ですかね。

私は絵本バッグを義母にお願いしました。
義母は裁縫のプロなので、安心してお願いできました。

手芸屋で生地購入&その場でミシン講座を受ける

実は、手芸屋さんによってはその場でミシン講座を実施しているところがあります。

例えば「ホビーラホビーレ」
事前予約要ですが、1,500円程度(レッスン代のみ。生地代含まず)でレッスン付きで教えてもらえるみたいです。
好きな生地をその場で選んで、ミシンで教えてもらえたりするのがいいところですね。
その日のうちに完成しちゃいます。
ここのお店は素敵な生地が多かったです。

【HP】

https://www.hobbyra-hobbyre.com/site/index.html

ちなみに、私はこのミシン講座を受けようと思ったのですが、ちょうどいい日程が空いてなかったので諦めました。

ミシンレンタル

ユザワヤなんかでミシンのレンタルもあります。
例えば、感覚て言うと3泊4日で4,000円程度。
これはどのミシンを使うか、日数は?などで値段も変わってきます。

【HP】

https://www.yuzawaya.shop/html/page11.html

ただし、これまた入園準備シーズンだと品切れのことが多いので、要注意です。

ミシンを買う

実は、安いのだと1万円少しからミシンって購入できるんです。
ミシン初心者でとりあえず始めてみたいという方はお手軽ていいと思います。
兄弟がいたりする場合、何度もレンタルするよりコスパはいいと思います。

ただし、ミシンはそれなりに場所をとるので、その辺とコスパを天秤にかけて、といったところでしょうか。

初の手作りはこんな感じ

結局私がどうしたかと言うと、「義母のレッスンを受けながら、一緒に作る」です。
ちょうど帰省のタイミングがあったので、その時にその場で教えてもらいながら作成しました。
さすがプロにマンツーマンで教えてもらうと1時間もしないでたくさん作れちゃいました。

終わりに

入園準備って、早めに始めないとミシンが売り切れだったり、ハンドメイドサイトだと1ヶ月待ちなんかになってしまいます。
ですが、一方で保育園グッズで何が必要なのか、サイズまで知ることができるのは2月ごろだったり、と歯がゆい感じです。

上記の通りいろいろと手作りの入手方法はありますが、結局はオススメは「お手頃なミシンを買う」かなー、と思います。
これが一番あれこれ悩まなくて済みます。
そして、周りを巻き込まなくても自分1人で完結し、かつ自分の好きなタイミングで完成します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする