子供の長引く咳に試行錯誤!寝る前の我が家の対策。

ようやく落ち着きましたが、2週間ほど息子がよく咳をしていました。
特に寝ている時が体温が上がるせいもありひどく、一度は毎回咳でむせて吐き戻しがありました。
治った今、我が家で行った咳対策をご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

季節の変わり目にひく風邪

ちょうど夏が終わり涼しくなってきたこの時期。
保育園のお友達も皆鼻水ズルズルだったりして風邪を引いていました。
我が家も息子が保育園で風邪をもらってくる、からの親にうつす、の流れが毎回なので大変です。

季節の変わり目は毎回要注意です。

我が家の息子の咳必須対策!

試行錯誤の結果、我が家は 夕食〜寝るとき の息子の咳対策はいつもこのようにしていました。

生姜スープを飲む

夕食に生姜スープをしょっちゅう出しました。
生姜には殺菌効果や、身体を温める効果があります。
生姜をすりおろしたものの方がいいですが、チューブタイプのものでも気軽に使えるのがいいところです。
生姜+味覇+オイスターソースで味付けしたスープにキノコ類の野菜を入れるのが我が家の定番です。

寝る前にはちみつレモンを飲む

息子は、今回の咳騒動で「はちみつレモン」という飲み物に夢中になりました。
はちみつにも殺菌効果、や抗炎症効果、抗酸化作用があります。
何より甘いので、子供も好んで食べてくれます。
お湯にはちみつを小さじ2ほど入れ、そこにポッカレモンも追加して息子はいつも飲んでいました。
(1歳未満の子にははちみつは厳禁です)

鼻水をしっかりととる

寝る前はしっかりと鼻水を取ります。
鼻が詰まっているとそこからまたむせてしまうので、しっかりとチーンさせました。

ヴェポラップを塗る

寝る前にヴェポラップを塗ってやります。
これで鼻が通ります。
毎日同じところにずっと塗っていると息子の場合ちょっと肌が荒れたりしてしまったので、日によって、お腹だったり、胸のところだったりと塗る場所はずらしました。

空気清浄加湿器をかける

乾燥は咳の大敵です。
寝室は常に乾燥しないように気をつけました。

横向きで寝かせる

寝ていて咳をする時、仰向けだと結構しんどいです。
横向きにさせてやると咳もしやすくなるので、気がつく都度、枕を使って横むけにさせて寝かせていました。

お湯を沸かしておく

寝ると同じタイミングでT-falでお湯を沸かしておきました。
すると、深夜ぐらいには程よく飲める程度にぬるま湯になっています。
深夜に咳き込んだ時は、ぬるま湯を飲ませてやっていました。

タオル・ゴミ袋・除菌スプレーを枕元に(嘔吐対応)

これは嘔吐対策です。
咳き込み出したら、いつでも吐き戻していいように口元にゴミ袋を用意しました。
それから、吐いた後口を拭いてやれるようにタオルを常備。
そして私の手に除菌スプレーも。
そうしないと、ほぼ確実に菌が移ってしまうので。
こうした準備で、手際よく毎晩吐きこみ対応をしていました。

終わりに

おかげで我が家の冷蔵庫にはちみつとポッカレモン、生姜は切れることがありません。
ようやく落ち着いて一安心です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする