2歳児と一緒に料理!子供に役目を持たせて達成感を。

最近めっきりできることが増えて来た2歳1ヶ月の息子。
「カーテン閉めて」と言えば閉めてくれるし、いつも「まま、どうじょ。」と言いながらドアを開けてくれます。
洗濯物を干すのだってカゴから洋服を出すのを手伝ってくれます。
なんとも誇らしい自慢の息子です(笑。

最近はよく、一緒にお料理をします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

これまで一緒に作ったもの

よく一緒にやる料理をご紹介します。

*餃子*
息子の役目はタネを包むこと。
といっても全てお願いしていては何時間もかかってしまうので、3、4枚ほど主人と一緒に製作してもらっています。
出来栄えは置いておいて、こんな感じ。

*サラダ*
役目はレタスちぎり。
これがなんとも楽しいらしく、粉々になるぐらい小さくなるまでちぎってくれます(笑

*ちぎりパン*
ちぎりパンはとても簡単にできますよね。
生地をコネコネしてもらっています。

*クッキー作り・スイートポテト作り*
今回のバレンタインにも一緒に作りました。
型抜きが息子の役目。
これもとても楽しそうにやっています。
ところどころ不思議な形のクッキーが息子作です。
スイートポテトは、つまみ食いしながら出来上がったものを形作っています。

*ホットケーキ*
これは息子は作るのは関わりませんが、出来上がりの様子を一緒に見学します。
「こぐまちゃんのホットケーキ」という絵本があり、ホットケーキの出来上がりの順番の通りに、一緒に「ぽたあん」、「どろどろ」、「しゅ」、「まあだまだ」、「ふくふく」、「クンクン」、「はい、出来上がり」、と一緒に言いながら作ります。
絵本から飛び出したような光景に、息子も大喜びです。
(テーブルが散らかっていますが。。。)

子供にとってもたくさんのメリットが

こうして子供と一緒に料理をすることは、子供にとってもたくさんのメリットがあるそうです。

*五感が育つ*
ホットケーキが出来上がっていく香りや、レタスをちぎる感触など、まさにこのことですよね。

*達成感*
自分で作るものを自分で食べる、とても達成感がありますよね

*好奇心が育つ*
いつも食べるものは元はこんな形で、こうして出来上がっていくんだ、といういい勉強になりますね。

*親子のコミュニケーション*
これは言わずもがなですね。

雨の日のイベントにもってこい

雨の日など、お外で遊べない日は息子のパワーが有り余っています。
テレビばかり見せるのも気が引けますが、こうして一緒に料理をすることがいいイベントになります。
1日中家の中にいるのって、子供も結構暇を持て余してしまいますからね。

終わりに

特に「こぐまちゃんのホットケーキ」の絵本の再現はオススメです。
私も実は母に小さい頃同じことをやってもらっていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする