つける前に!売る前に!家にあるもので簡単シルバー磨き

先日ドレッサーの断捨離をしました。
使わなくなった化粧品はフリマサイトで売って、ジュエリーも整理整頓。
そこでふとでてきたのがTiffanyのピアス。
学生時代旅行に行ったとき、ついつい財布の紐が緩くなって買ったもの。
好みが変わったのもあり、何年も封印されていました。
まあたまには使ってみようかしら。(若返りも含めて。)
だけどその前にちょっと待って。
シルバーだからかなりくすんじゃっています。


くすんでいるピアスをつけるなんて、アラサーOLとしていかがなものか…
こうした細部にこそ、外見・内面共に気をつけるべきではないか…
ということで、綺麗にしてみることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

余計な出費は1円たりともしたくない!全て家にあるものでクリーニング

シルバー磨きは買わないとないし、わざわざクリーニングに出すのも面倒臭い。無駄な出費は極力したくない!
そこでネット情報を元に、ピカピカに復元させてみようとトライしました。

必要なものは鍋、塩、アルミホイル、歯磨き粉

全て今あるもので出来るではありませんか!(これ大事です!なければ、調達するのが面倒でやる気が一気になくなってしまいますので)

まあもし失敗してボロボロになったりしても特に思い出のつまった品、というわけでもないので。ものは試し。

第一段階。鍋でコトコト10分ほど。

鍋にアルミホイルを敷いて、塩を入れます(水:塩=5:1程度)。
火を入れて金属部分がアルミホイルにつくようにしてコトコト10分。

取り出して塩を綺麗に拭き取ります。かなり黒かった部分は綺麗になったものの、まだくすみが残っています。

第二段階は歯磨き粉でそっと。

そこで歯磨き粉(念のため新品を出しました)。
少量手にとって優しくこする。

すると…なんということでしょう。
歯磨き粉が白からグレーに変わりました。
そしてこんなに綺麗になりました。
新品同様、に近い!

ピアスも息を吹き返したようです。
傷が付くのでは?と少々不安もありましたが、特に気になる箇所も出ず。

理由はシルバー酸化の原因である「硫化」を分解するため

難しいことはよくわかりませんが、化学反応でシルバー酸化原因である「硫化」を綺麗にしている、ということみたいですね。

まとめ

シルバーを簡単にお手入れして、たまには違ったテイストのピアスでお出かけを。

ちょっとしたシルバー類を綺麗にするのに、いかがでしょうか?

✳︎なかなかの荒療治かもしれないので、大切なものの場合、正規店でクリーニング等に出されることをお勧めします。あくまで個人見解です。また、使用した鍋はしっかりと洗ってくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする