赤ちゃんと旅行デビュー!宿選びのポイント

赤ちゃんっていつから旅行デビューさせて大丈夫?

ママさんなら誰でも1度は考えたことがあるのではないでしょうか?
我が子は7ヶ月になった時に初旅行しました。その時のことをお話ししようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

まずは行き先を決めましょう。赤ちゃんの負担を考えると1時間範囲内がベター。

「何かあった時に帰れる距離」を想定したとき、我が家ではdoor to door で1時間、と決めました。
チケットの関係なんかですぐに帰れないであろう飛行機はこの時点で却下。新幹線までとなりました。
新幹線口までの電車移動を考慮すると、新幹線でせいぜい30分ぐらいで行けるところ、かつ旅行と言えるところ、ということで、我が家は熱海に行くことにしました。

大事な宿選び!必須条件は「和室」「部屋食」「部屋露天風呂」。

赤ちゃんがいるのであれば、和室だとハイハイも自由にできますよね。なので「和室」は我が家にとって前提条件でした。
あと重要視したのが部屋食と部屋露天風呂。ダイニングでのご飯、大浴場でのお風呂となると、案外ドタバタしてしまうもの。息子を抱いて、荷物を持っての移動。賑やかな場所だと息子も興奮して大泣きしてしまうかもしれません。
その分部屋で全てできるというのは、とても快適でゆったりと過ごせます。
何より、1人で息子をお風呂に入れなくていいんです。夫と2人で、ゆっくりと熱海温泉の湯に息子を入れてやれるんです。大人は後で交代で外の景色を見ながら入れますしね。これは私にとってとてもありがたいことでした。

赤ちゃんプランがある宿は、子連れファミリーに慣れているから安心。

結構色々な宿でやっている赤ちゃんウェルカムなプランやファミリー向けプラン。こうしたプランをやっているということは、小さな子が来るのに慣れていたり、歓迎してくれますよね。周りの客層もファミリーが多いです。
そうなると、いきなりギャン泣きして迷惑かけたらどうしよう、とかうるさくならないかな、などの不安も、少しは安らぎませんか?周りも同じような人たちばかりなんですから。(もちろんマナーは必要です)

細かいプラン中身ももちろんながら、そうした子供向けプランをやっている宿というだけで、心強いですね。

次は私たちが実際に宿泊した熱海温泉「秀花園 湯の花膳」についてお話しようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする