【アマゾンプライム】バチェラー・ジャパンにハマっています。

息子が寝付いてからの20時以降は私のゴールデンタイム。
しょっちゅうアマゾンプライムビデオで映画・ドラマ検索をしています。
今ハマっているのが「バチェラー・ジャパン」です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

バチェラー・ジャパンとは?

バチェラー・ジャパンは、アマゾンプライムのオリジナルの作品で、プライム会員なら無料で観ることができます。
キャッチフレーズは「新感覚 婚活サバイバル番組」です。

元はというと、このバチェラーという番組は全米で最も愛される人気恋愛リアリティ番組「The Bachelor」であり、全世界225カ国以上で放送されています。
その日本版がこの「バチェラー・ジャパン」となります。

1人の独身高スペック男性(=バチェラー)を巡って、20人以上もの女性が繰り広げる婚活バトルになります。
毎話エンドに「ローズセレモニー」というものがあり、バチェラーが気に入った女性に薔薇を渡していきます。
渡されなかった女性から脱落していき、最後に残った1名が運命の女性となるわけです。

現在バチェラージャパンはシーズン2の途中です。

バチェラーになる人、参加する女性ってどんな人?

シーズン1のバチェラーは久保裕丈さん。
東京大学卒のエリートで実業家。
顔もそれなりに良いと思います。
シーズン1を全て見て、とても紳士的で品がある方だな、との印象を持ちました。

シーズン2のバチェラーは小柳津 林太郎さん。
6歳から14歳までニューヨークで過ごして慶應大学卒。
サイバーエージェントの幹部だそう。
シーズン2を見ていて、シーズン1の久保さんより「ウェーイ」な感じの人な印象を持ちました。
アメリカ帰りだから?(笑

参加する女性たちですが、結構肩書き・職業が面白い人たちがいます。
例えば謎の「ヘルシーホームパーティークリエイター」とか「愛犬家」とか。
ただ、芸能関係なんかの人も結構いて、ひねくれた見方をしたら「売名!?」と感じてしまいました。

見所は?

見所は何と言っても女子の婚活火種バチバチのところです。
シーズン1でも2でも、必ず視聴者から見てイライラする女性(=ヒール役)がいるんですよね。
輪をかき乱したり、超絶ぶりっ子だったり。
まあそれが見ていて面白いところなんですけどね。

あとはバチェラーと女性のデートの豪華さや、女性のパーティーでのドレスが素敵で、それも結構見所だったりします。

終わりに

あいのりとか、ナイナイのお見合い大作戦的なものが好きな人は結構ハマるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする