【ハンドメイドピアス第3弾】パールキャッチの夏ピアスを作ってみた!

少し前から新たに始めた趣味「ハンドメイドピアス」
一粒パールピアス、ビジューピアスに続いて、今回はパールキャッチのピアスを作ってみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

完成形はこんな感じ。

まずは完成形です。

青色が表、ゴールドが耳の裏側になります。
本当は、後ろ耳の方にパールが大きいもの(青色)が来るようにしたかったのですが、御用達のパーツクラブの店舗にちょうどいいのがなかったので、青色の大きいパールの方が表になりました。

作り方は今までで一番簡単!作業時間10分!

今回は、とても簡単にできました。
理由は、キャッチがすでにパールになっているものを使ったからです。
キャッチの部分がパールの穴にあらかじめ埋め込まれているんですね。

いつか自分でパールキャッチを作ってはみたいですが、初心者の私はこちらの出来上がっているものから始めました。
このパールキャッチ、他にも色々なカラーがありました。

作り方はシンプル。

1.片穴用の金具の皿の部分に接着剤を塗っておき、その上から青色チェコラウンドを針に刺します。

2.接着剤が固まるまで待ちます。

3.この青色チェコラウンドは片穴ではないので、このままでは、反対側の穴の部分が丸見えでちょっとカッコ悪くなってしまいます。
なので、ここの穴の部分にクリスタルを接着剤でつけます。

4.実はこれで完成です。ものの10分足らずで超簡単でした。

材料費は342円!使った材料はこちら。

※単価を計算するために、下記に記載しているのはパーツ1つあたりの値段です。
全てパーツクラブでの購入品です。

種類 単価(1つあたり)
チェコラウンド(FE-0010383) 10mm 30円
チタンポスト&キャッチピアス 片穴用(約5mm丸皿芯あり)  55円
ピアス用プラキャッチ(556) / 金色 / 8mm  80円
 スワロフスキー・クリスタル#2088 クリスタル 約3mm  6円

1つあたり(片耳)171円。
よって、両耳分のこのピアスの単価342円となります。

まとめ

前回のビジューピアスに比べ、とても簡単でコスパも良いです。
ですが、実際には後ろ耳の方に青色チェコラウンドが来て欲しかったので、使うときは後ろ耳から差しています(笑

次作るときは、このパールキャッチも自分の好きなパールで自作してみたいです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする