料理の時短。より負担が少なく、より継続できる方法を。

もともと私は料理は好きな方です。
今でも休日はいつもと違った凝ったメニューにしたいなと考えています。
子供が生まれるまでは、毎日3、4品プラスお弁当もほぼ毎日作っていました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

今は簡単・時短第一の料理。

子供が生まれてからはそんなことしていたら爆発しそうです。
毎日30分以内に収まるよう料理しています。
汁物+主菜+副菜の3つができたらかなりいい方。
しょっちゅう汁物or副菜が消え、2品(+ご飯)になります。
味付けもあまり代わり映えのないものばかり。。。
焼きそばドーン、惣菜弁当ドーン、レトルトカレードーン、の1品の時も多々あります。

それでも息子を見ながらの料理はかなり疲れます。

負担を減らす試行錯誤の真っ只中。

そこで、少しでも平日の自分の料理の負担を減らすため、現在進行形で試行錯誤しています。

週末に常備菜作り

よく「#丁寧な暮らし」なんかでありそうな、これです。
時間もあって、子供も主人が見てくれる週末に、たくさん作り置きしておくことです。


この作った常備菜を平日に1品追加するだけで随分楽になります。
作る元気がないときは、常備菜オンリーの夕飯、なんてことも。
マリネやミートソースやホワイトソース、ポテトサラダ、ひじき、きんぴら、、、いろいろと作ってきました。


今でも週末常備菜作りをやるときもあります。
ですが毎週たくさん作れるわけではありません。
2品ぐらい作る週末があるかないか、程度です。

最大の理由は、「せっかくの週末なんだから、ゆっくりしたい」です。
週末にまとめて作るのって、結構な時間と労力がかかりますので。

平日の息子が寝た後の下準備・1品作り。

今試してみているのがこれです。
だいたい息子はいつも20時前ぐらいに寝付きます。
それからは私のゆっくり時間。
そのうちの10分程度を明日の夕飯の準備に充てます。

明日はスペアリブの予定です。
お肉を明日は焼けばいいだけなように、液に漬け込んでおくことだけ、今日やっておきます。
これだけならほんの5分程度なので、苦になりません。
それだけでも、明日の気持ち的な負担が大幅に減ります。
この肉を焼くのと、あとは適当に1品炒めればいいや、ぐらい。
明日は15分ぐらいの料理時間で済みそうです。

他にも、翌日夕飯のために、
・肉や野菜を切っておこう
・サラダだけ作っておこう
・ほうれん草やもやしだけ茹でておこう
・ミートソースだけ作っておこう

など、いろいろです。
10分ぐらいでできそうなことをします。

週末常備菜づくりの場合は結構疲れるし、時間もかかりますが、これなら毎日10分足らず。
負担も少なく、継続できそうです。

まとめ

料理に限らず、日々の生活の中で、いつも少しでも楽をできる方法を模索中です(笑)。
この前日のちょっとした下ごしらえ。
私にはなかなか合っていそうです。
これをするだけで、毎日仕事上がりの時の心の余裕が全然違います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする